マグニチュード6.4の地震がミャンマーを襲い、タイ北部で感じられた

全国-

08年37月17日午前2023時6.4分、ミャンマーを震源とするマグニチュードXNUMXの地震が発生した。

揺れはチェンライ、チェンマイ、ランパーン、ナーン、バンコクで感じられた。 被害地域はチェンライ州メーサイの北西約100キロ。

バンコクでは、特にラクシー州トゥンソンホンで多くの高層ビルが揺れたと伝えられている。 机が震え、家具が揺れ、めまいがしたという報告もありました。

チェンライ州ムアンチェンライにあるノンブア学校の監視カメラ映像には、生徒たちが揺れを感じている様子が映っていた。 数分以内に揺れが大きくなり、机や椅子が揺れた。 揺れがマグニチュード6.4に達すると、毎年恒例の地震対応訓練に従って、事前の指示なしに部屋にいた全員が自動的にしゃがみ、机の下に隠れた。

さらに、チェンライ・プラチャヌクロー病院は、新旧の建物を繋ぐ漆喰に亀裂を発見した。 伝えられるところによると、施設内には多くの患者、医師、看護師がいたため、チェンライ知事は建設チームに対し、建物を緊急に検査するよう指示したという。

メーサイ救助チームの報告によると、31歳のミャンマー人労働者ヤフアイさんはXNUMX階の足場の上にいたと伝えられている。 揺れで転倒し、左腕を骨折する重傷を負った。 事件後、救助隊が彼を治療のためメーサイ病院に搬送した。


さらに、メーサイ病院のような他の場所でも、建物の正面に軽度の被害がありました。

登録する
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。