パタヤがタイ湾の活性化と海洋生物多様性の促進に協力

パタヤ—

タイ発電庁(EGAT)は、海洋沿岸資源局(DMCR)およびパタヤ市と協力して、サク島沖に古い電気絶縁体を配備して海洋生物のための人工サンゴを作成するイベントを開催しました。

この取り組みはEGATが主導する魚小屋プロジェクトの一環であり、DMCRの保全・資源管理部長のパイトゥーン・パンチャイヤプーム氏、EGATの中央運営部長のスミトラ・カンチャナミット氏、そして以下のメンバーが参加しました。シーウォーカーダイビングクラブです。

パタヤ副市長を代表してジンタナ・バムルン夫人は、市の発展にとってこのプロジェクトの重要性を強調した。 同氏は、DMCRとEGATの両方がパタヤをタイの主要な観光地として認識しており、廃止された電気がいしをサク島沖の海に配備することは天然資源と海洋生態系の回復に貢献すると述べた。 これにより、島の観光と漁業が活性化し、チョンブリー県の経済が刺激されることが期待されています。

関係者によると、EGATは、タイ全土の複数の場所で電気絶縁体から人工魚小屋を作成するために、さまざまなパートナーと協力して成功を収めた実績がある。 配備されたがいしの総数は5,000基を超え、海洋生態系の持続可能な回復に大きく貢献しています。


-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

2023年のパタヤニュースのサポートにご協力ください!

タイへの旅行に医療保険や旅行保険が必要ですか? お手伝いします!

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。