パタヤのライフガードが国民の信頼を築くために海上緊急訓練を実施

パタヤ—

パタヤの救助隊員とライフガードは水曜日、ジョムティエンビーチでの水難事故を想定した救助訓練を実施した。

8月XNUMX日の訓練は、クリツァナ・ブーンサワット副市長とパタヤ市海上安全管理センター所長チャロン・ティアンムアン氏率いるパタヤ職員らによって視察された。

この訓練では、パタヤ湾で溺れる水泳選手のシミュレーション、ライフガードがどれだけ速く犠牲者を水中から安全な場所まで救出できるか評価し、心肺蘇生法を実践する練習が行われた。

クリツァナ氏によると、ライフガードと救助隊員が効果的に連携し、訓練の結果は満足のいくものであったという。 同氏は、訓練は通常毎月実施されるが、今日の訓練は観光客に信頼を植え付けることを目的とした有意義なものだったと付け加えた。

今年のXNUMX月には、 ジョムティエンビーチで7歳の少女が溺れそうになった後、ライフガードに救出された。 彼女は兄と一緒に泳いでいたとき、誤ってシャツを引っ張られ、水中に沈んでしまいました。 幸いなことに、ライフガードがすぐに彼女を救出し、心肺蘇生法を施した後、バンコク・パタヤ病院に救急搬送した。 少女は無事だった。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

フォローをお願いします Facebook, Twitter, グーグルニュース, Instagram, チクタク, Youtube, Pinterest, Flipboardまたは タンブラー

アラートを破るためにLINEに参加してください!
または、 アラートを破るためにTelegramに参加してください!

ニュースレター登録
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。