パタヤのロシア人カップルが大麻入りケーキを食べたせいでパニック発作に苦しむ

パタヤ—

パタヤでロシア人夫婦が今朝、大麻入りのケーキを食べたと主張し、パニック発作を起こしたとされる事件が起きた。 しかし、彼らは病院に連れて行かれることを拒否した。

サワン・ボリボンの救助隊員は、今日1月11日午前XNUMX時にタイとロシアの通訳から電話を受け、XNUMX人のロシア人観光客がパニック発作のような症状に苦しんでいると報告した。 通訳によると、夫婦は大麻を混ぜたケーキを食べた後、呼吸困難に陥ったという。

救命チームは直ちにチョンブリー県バンラムン地区ノンプルー地区のジョムティエンセカンドロードにあるホテルに向かい、夫妻が宿泊した。 彼らは現場で観光客らを発見したが、そのとき彼らは手足に力が入らず、心臓が高鳴り、まるで時間がゆっくりと遅くなったように感じたと通訳を通じて語った。 夫妻がこれまでに大麻を試したことがあるかどうか、またどれくらいの量を摂取したかは不明だ。

状況の深刻さを認識した救助チームは、夫婦を病院に搬送することを決定した。 しかし、移動中、ロシア人観光客らは突然、理由は分からないが興奮し始めた。 彼らは救急車のドアを叩きながら叫びながら、チームに車を停めるよう激しく合図した。

そのため、救助隊は車を道路脇に駐車し、夫婦を車外に出し、パタヤ警察署に通報した。 現場に到着した警察官は観光客2人をなだめ、病院で治療を受けるよう説得した。 それにもかかわらず、彼らは行くことを拒否したが、その正確な理由については述べなかった。 その後、警察官は彼らがホテルに戻るよう手配した。

タイでは2022年に大麻が非犯罪化されたが、それ以来、特に娯楽目的での使用に関しては議論の的となっている。

ちょうど前日(10月XNUMX日)、 イスラエル人観光客 パタヤのウォーキングストリートで騒ぎを起こし、この事件は大麻喫煙のせいだと非難した。 この男性は、イスラエルとハマスの間で続いている戦争によって引き起こされたと主張するストレスを軽減するために大麻を吸ったと告白した。 彼はコンビニでも万引きをしており、これも大麻のせいだと主張し、結果的に逮捕・起訴された。

TPNは、大麻の使用が万引きを引き起こすという科学的証拠はないようだと指摘している。
-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

ニュースレター登録
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。