サムイ島で銃200丁と弾丸XNUMX発を所持したスウェーデン人男性発見

写真:タイラット

サムイ島 –

タイ警察によると、サムイ島の住宅でスウェーデン人の「実業家」が銃4丁と200発以上の弾丸を所持しているのが発見された。

火曜日(10月33日)、捜索令状を持ったタイ王立入国管理局のチームが、MRとだけ特定した外国人の家宅捜索を行った。 ボプット準地区ソイ・カオプラ在住のスウェーデン人、アダムさん(200歳)。 警察は拳銃XNUMX丁、ライフルXNUMX丁、XNUMX発以上の弾丸を発見した。 その後、彼はボプット警察署に連行された。

アダム氏はタイ警察に対し、銃を収集するのが好きで射撃を楽しんでいることを認めたと伝えられている。 彼は銃と弾丸をオンラインで注文し、一部の銃は友人から借りたと語った。

スラートターニー入国管理局のスパコーン・パンコソル大佐はタイの報道陣に対し、「これらの銃と弾丸はタイ北東部からオンラインで注文されたものであることが判明した。 アダムさんはサムイ島の射撃場でこれらの銃を使って射撃練習をした。 彼はまた、銃を集めるのが好きだとソーシャルメディアに投稿した。 彼のオンライン投稿の多くは他の外国人を脅迫するものでもあったようだ。 アダム氏はフィットネス事業を経営しており、タイに長く滞在しています。」

"氏。 アダムは銃器と弾薬の不法所持の容疑で起訴されている」とスパコーン大佐は付け加えた。

本稿執筆時点でアダム氏の保釈が認められたのか、それとも弁護士のサービスを継続しているのかは不明である。

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイト、プーケット エクスプレスに掲載されました。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。