バンコクで身代金目的で女性を拘束した中国人の男を逮捕、交通事故で逮捕

バンコク–

身代金目的で中国人女性を拘束した中国人の男が逮捕された。 容疑者は交通事故に遭い、タイ警察が定期的な事故報告書を提出するために到着した際に被害者が逃走しようとした後に逮捕された。

木曜日(14月36日)、バンコクのタイ高速道路警察はTPNメディアに対し、中国人のジャオ・ウー・リン氏(9歳)を逮捕したと語った。 彼らはまた、プライバシー保護のために名前が伏せられ、プララームXNUMX号線の破損した車内で手足をロープで縛られた状態で発見された中国人女性を救助した。

ソンポンさん(33)とのみ特定された目撃者は高速道路警察に対し、渋滞中にリンさんの運転する車が後ろから追突したと語った。 リンさんは、ソンポンさんへの損害を直ちに現金で支払いたいと述べた。 しかし、ソンポンさんはリンさんに、自動車保険の代理店が電話と警察の通報に応じるまで待つように言いました。 ソンポン氏によると、この時点でリン氏は明らかに緊張していたという。

高速道路警察が通報され、中国人女性が助け​​を求めながら林さんの車から飛び降りた。 林さんはすぐに逮捕された。

警視庁副司令官ノプシン・プーンサワット少将はTPNメディアに対し、被害者の中国人(27歳)が最終的にバンコクのレストランで会うことに同意するまでXNUMX日間ソーシャルサイト上でリンさんとオンラインで話し合ったと警察に供述していたと語った。 。 彼女は夕食時に薬を盛られ、翌朝リンさんが滞在していたホテルで裸で目覚めたと主張している。

リンさんは彼女に、訪問のために彼女をパタヤに強制的に連れて行くと告げたが、彼女は拒否し、立ち去ろうとした。 この時点で、男は彼女の手足をロープで縛り、解放するためにXNUMX万バーツの身代金を要求した。 中国人女性は友人に自分の銀行口座に送金するよう頼み、リンさんは交通事故前に彼女を連れてATMでお金を引き出していた。

リンさんは地元の警察署に連行され、少なくともXNUMX件の他人拘束と性的暴行の容疑で起訴された。 同氏は即時声明を発表せず、タイメディアにも発言しなかった。

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。