パタヤで巨大ニシキヘビによる電気火災、ヘビは生き残る

パタヤ—

3月15日朝、パタヤのソイ・ブカオ11で、体長XNUMXメートルのニシキヘビが電線に沿って這い回り、通電火災を引き起こした。 ヘビは軽度の火傷と怪我を負って事件を生き延びた。

本日午前15時5分頃、パタヤのソイ・ブカオ06で停電が報告され、続いて路地の架空通信線で火災が発生した。 この地域の一部の会場やコンドミニアムでは、停電が3時間近く続いた。

サワン・ボリボンの救助隊員、消防士、パタヤ・ニュースの記者らが現場に急行したところ、ソイ・ブカオ15内で進行中の建設現場の近くにある電柱で炎が激しく燃えているのを発見した。当局が最終的に炎を鎮めるまでに約20分かかった。

驚いたことに、救助隊は焼けた電柱の根元に体重約15キロ、体長約3メートルの大きなニシキヘビがとぐろを巻いているのを発見した。 検査の結果、ヘビは炎による火傷を負い、鱗の一部が剥がれていたことが判明した。

事件の目撃者であるキアッティサック・トラクルトゥムさん(23)はパタヤ・ニュースに対し、ヘビが電柱のてっぺんに登ってワイヤーに沿って滑り、火災につながるのを目撃したと語った。

ニシキヘビは感電し、その後電柱から落ち、路地全体が一時的に暗闇に陥りました。

サワン・ボリボンの救助隊員らは、ニシキヘビを自然に戻す前に怪我を治療すると述べた。 この事件により、この地域で一見終わりのない建設が後退するかどうかは不明である。
-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

Facebookグループのディスカッションに参加してください https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または以下のコメントで。

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。