シラチャのビーチで大量の魚の死骸が見つかる

写真:サイアム・ラス

スリラチャ -

シラチャの海岸に大量の魚の死骸が打ち上げられた。

金曜日(8月XNUMX日)th)バンプラビーチでは、かなりの量の魚の死骸が発見されました。 魚の正確な量を推定することは困難でしたが、パタヤニュースは一般的な方針として推定しませんでした。

地元住民らはタイのメディアに対し、魚の死骸の原因は、パタヤに直接的な影響はなかったものの、以前タイを襲ったモンスーンによるものと考えられており、モンスーンは何日も雨を降らせたと語った。 大量の真水が海に流入し、海水の状態が即座に変化しました。

これにより、プランクトンの大量発生という自然現象が引き起こされました。 この場合、海水は緑色に変わり、しばしば悪臭を伴います。 魚はプランクトンの大量発生による酸素不足で死んでしまった。

当局者や当局によると、海水が通常の状態に戻るには約XNUMX週間かかるとのこと。TPNメディアの注釈 当局はシラチャ近郊の原油流出が原因ではないと主張しているが、タイのソーシャルメディアでも大きく議論されている。

関連記事:

チョンブリーのバンセーンビーチでは、水が緑色になり悪臭を引き起こすプランクトンブルーム現象が再び発生している。

Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年間働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。