気象庁が大雨と暴風雨に警戒

プレスリリース:

タイ気象局は、ベトナム上岸付近の気圧の低下と、アンダマン海とタイの南西モンスーンの影響で、タイ全土に大雨が降るとして警報を発令した。

バンコクを含む北東部や中部地域では雷雨と大雨のパターンが続いている。 北東部北部地域の住民は、蓄積した降雨による洪水の可能性に注意することをお勧めします。

一方、アンダマン海とタイ湾のすべての船舶は、波の高さが最大XNUMXメートル、雷雨時にはXNUMXメートルに達するため、慎重に航行することが推奨されています。

タイでは広範囲にわたる暴風雨と南西風により天候が変動すると予想されており、バンコクでは60%の確率で雷雨に見舞われ、気温は26℃から36℃の範囲になります。

当局は住民や小型漁船に対し警戒勧告を発令し、予想される気象条件の中で警戒を怠らず、十分な準備をするよう呼び掛けた。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。