パタヤビーチで裸の外国人が徘徊しているのを発見される

パタヤ–

早朝、パタヤビーチ付近を歩いている身元不明の裸の外国人男性が逮捕され、パタヤ警察署に連行された。

ここをクリックまたはタップすると、事件のビデオが表示されます。

パタヤ市警察のソンタヤ・コンサップ警部はパタヤ・ニュースに対し、土曜の朝(29月XNUMX日)未明近く、ノンプルーのセントラル・パタヤ・ビーチ近くで唖然とした地元住民から事件の通報を受けたと語った。

彼らとパタヤニュースが現場に到着すると、裸の50歳くらいの外国人男性が大声で独り言を言いながら歩いているのを発見した。 警察は男性と話そうとしたが理解できず、男性は外国の政治問題について暴言を吐き続けた。

警察が男性と交渉するのに約15分かかり、男性はしぶしぶ警察とともにパタヤ警察署へ行くことに同意した。 しかし、男性はまだ完全に協力的ではなく、自分自身を名乗ろうとしませんでした。

この男性は訛りからドイツ人であると考えられているが、確証は得られていないとTPNメディアは指摘している。

警察は依然として男の身元を特定しようとしており、29月XNUMX日土曜日午後の時点でも拘留されたままである。 警察は男性が精神的健康上の問題、あるいはアルコールや薬物の乱用を患っていた可能性があるとみて調べている。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。