末期がんを患うチョンブリーのXNUMX歳の少年、初めてビーチを見るという願いがかなった

チョンブリ–

ガンを患うチョンブリーのXNUMX歳の少年は、人生で初めて、最大の夢であり希望である海を見るために連れて行かれた。

ドラゴン救助チームはパタヤニュースに対し、XNUMX歳の男児は現在癌の末期段階にあり、治療と回復の可能性は非常に低いと語った。 遺族の意向により名前は伏せられた。

彼は両親に、一生に一度は海を見て砂に触れてみたいと言いました。 少年は衰弱しており重篤な状態にあるため、両親は救急隊に医療機器を完備した救急車の訪問を要請した。 少年は今週初めにバンセンビーチに連れて行かれ、ドラゴンレスキューの大規模なボランティア医療チームに付き添われ、人生の夢がかなった。

少年は海に着いた瞬間、夢が叶ったと満面の笑みを浮かべてとても嬉しかった。 少年は父親に、足を海水に触れさせたいと言いました。 父親はすぐに息子の足を水の中に入れ、砂に触れさせました。 息子がとても喜んでいるのを見て、彼は涙を流しながらずっと息子にキスをしていました。

すると少年はエビが食べたいと言いました。 彼らは調理したエビを持ってきて、少年はそのエビを手に持ったが、病気のせいで感覚も握力もほとんどなかった。

少年はバン・ショーンの名物グリルチキンに触れる機会しかなかったが、医師の健康上の懸念により味わうことができなかった。 その無邪気な瞳には、エビを掴むことができただけでとても幸せだということが伝わってきました。 少年は癌と闘うために無事に海から引き上げられた。

この訪問に関する投稿はタイのソーシャルメディアで急速に広まり、数万回「いいね」を獲得した。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。