最新情報:友人を残忍に刺した外国人男性がパタヤ警察に自首

パタヤ—

パタヤで友人を刺した疑いのある外国人男性が警察に自首した。 同容疑者は、被害者が女性の「犬」を指す隠語で自分を呼んだとされ、被害者に腹を立てたと主張した。

まず前の話:

今朝1月4日午前XNUMX時、パタヤの外国人男性が、理由は不明だが友人であると警察が信じていた別の外国人によって残酷に刺された。 容疑者は被害者のバイクを盗み、現在逃走中である。

今私たちの更新のために:

タイとイランの国籍を持つリー・ヤマディ容疑者(29)は、後にニメ・ハクバズ氏(11)と判明したイラン人の友人を残酷に刺し、窃盗をした後、本日5月40日午前13時にパタヤ警察に出頭した。チョンブリー県バンラムン地区ノンプルー地区ソイ・ジョムティエンXNUMXにある彼のバイク。

彼は暴行の武器である長さ15センチの鋭利な金属製の物体を携行し、警察に引き渡した。

最初の取り調べで、リーさんはバイクで一緒にフライドチキンを買いに行ったと主張してニームさんを刺したことを自白した。 ニメさんは購入の際、鶏の代金を支払った後、リーさんを雌犬を指す俗語と呼ぶなど、嘲笑的な発言をしたとされている。

購入を終えた後、二人はバイクに乗り、道中ずっと激しく言い合った。 その後、容疑者は友人に対し、鋭利な物体で刺す前に車を止めるよう指示した。 その後、彼は親族に助けを求めるために現場から逃走し、自首することを決意した。

リー氏は殺人未遂の罪で起訴された。 彼は法的手続きを受けており、本記事の執筆時点では拘留されている。
-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

私たちと一緒に宣伝したり、あなたのビジネス、イベント、チャリティー、またはスポーツイベントの宣伝について問い合わせたいですか? で私達に電子メールを送りなさい Sales@ThePattayanews.com

パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。