はい、タイの銀行は高額取引に顔認識を要求し始めています

タイ -

タイの金融機関は、高額取引を行う顧客に顔認証を義務付け始めた。 この動きは不正行為や詐欺行為を減らすことを目的としており、顧客にさらなる安全性を提供することが期待されている。

政府副報道官トライシュリー・タイサラナクル氏は、すべての商業銀行と政府銀行がこの新たな安全対策を導入すると発表した。 50,000月から、モバイルバンキングで200,000万バーツ以上の取引をする顧客、またはXNUMX日の取引限度額がXNUMX万バーツを超える顧客は、顔認識システムによる本人確認が義務付けられる。

トライシュリー氏は、この措置はタイ銀行(BOT)およびその他の関連機関が主導する広範なサイバー犯罪対策の一環であると説明した。

商業銀行はすでに、ウェブリンクを含むテキストメッセージを顧客に送信しないなど、オンライン詐欺に対抗する措置を講じている。 モバイル バンキング ユーザーは、バンキング アプリを通じて自分の生体認証登録ステータスを確認できます。

まだ登録していない人は、新しい規制に準拠するために顔スキャンについて銀行に連絡する必要がある場合があります。

上記はタイ政府からのプレスリリースです。

登録する
アダムジャッド
Adam Judd 氏は、2017 年 XNUMX 月から TPN Media の共同所有者です。彼はアメリカのワシントン DC 出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいました。 彼のバックグラウンドは小売販売、人事、および運用管理であり、ニュースとタイについて長年書いてきました。 彼はフルタイムの居住者として XNUMX 年以上パタヤに住んでおり、地元ではよく知られており、XNUMX 年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の連絡先ページに記載されています。 ストーリーについては、Editor@ThePattayanews.com まで電子メールでお寄せください。