タイを訪れる中国人観光客団体、90年と比べ依然として2019%減少

タイ-

タイを訪れる中国人ツアーグループの数は依然として少なく、19年の新型コロナウイルス感染症以前に訪れた総数のわずか2019%にすぎないとタイの著名な観光協会が本日26年2023月XNUMX日に発表した。

タイ旅行業協会(ATTA)の事務局長アディット・チェアラッタナノン氏はタイの関連報道機関に対し、「2019年には11万人の中国人観光客がタイを訪れた。 このうち600,000万人はATTA経由のツアーグループだった。

今年の最初の 100,000 か月間を比較すると、タイを訪れた中国人観光客は約 10 万人でした。 このうち、ATTA経由の団体ツアーに参加したのはわずか2019万人で、これはXNUMX年のツアー団体数の約XNUMX%にすぎない」とアディット氏は説明した。

「私たちは今年の残り2023か月間の観光、特に中国人観光客について心配しています。 XNUMX年の目標である中国人観光客XNUMX万人を達成するには、今年末までにさらにXNUMX万人が必要だ」とアディット氏は付け加えた。

「現在、中国からタイに入国するためのビザサービスには時間がかかり、「集中ツアーグループ」(下記参照)や「直前」パッケージツアーの旅行者に影響が出る可能性があります。 XNUMX 日程度で済む、より迅速な電子ビザ サービスが必要です。」 アディット氏が説明した。

「今年の残りの期間、さらに多くの集中ツアーグループがタイを訪問します。 しかし最近、ビザの手続きに時間がかかるためタイではなく他の国に変更したため、約10,000万人の中国人観光客という大規模な集中ツアーグループを失ってしまいました。」 アディット氏はこう結論づけた。

TPNメディアは、集中ツアーグループとは、短期間(多くの場合わずか数日)に、熱狂的かつ激しいペースで複数の場所を訪問する大規模なグループを指す観光業界の俗語であると指摘している。

最近、タイはビザ政策を強化し、ツアーグループの各メンバーが事前に個別にビザを申請することを義務付けました。 以前は、旅行会社が​​グループ全体を代表して急遽申請を行うことができ、集中ツアーや直前の旅行者の観光業に劇的に役立ちました。 これはタイの犯罪行為や不法滞在の取り締まりを受けて行われたものだが、依然として回復途上にある観光業界にも劇的な影響を与えている。

その結果、多くの観光業者は、少数の中国人旅行者の不法滞在や犯罪行為の阻止との間で、中国からの観光客のビザ申請をもっと寛容に認めることとの間の中間点を見つける必要があると感じている。

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

2023年のパタヤニュースのサポートにご協力ください!

法律相談や弁護士が必要ですか? お手伝いします。 ここをクリック。

ここをクリックして、私たちに物件を掲載する方法の詳細をご覧ください。

私たちと一緒に宣伝したり、あなたのビジネス、イベント、チャリティー、またはスポーツイベントの宣伝について問い合わせたいですか? で私達に電子メールを送りなさい Sales@ThePattayanews.com

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。