パタヤでニシキヘビが約200羽のウズラを食い荒らす

パタヤ—

パタヤで養殖用に飼育されていた約「200羽のウズラ」を食い荒らした体長XNUMXメートルのニシキヘビを、勇敢なヘビ捕りたちが捕まえた。

ヘビ魔法使いのチームは、昨日10月25日午後XNUMX時、チョンブリー県バンラムン地区パタヤのノンプルー地区にある住宅に到着した。家の所有者から電話があり、ウズラの家の中で丸くなっている長いニシキヘビを見つけたと連絡を受けた。ケージ。

蛇使いたちは勇敢な心と能力のおかげで、鳥かごの近くの草の中にとぐろを巻いている大蛇を素早く見つけて捕まえることができました。 体長を測ってみると、体長は40メートルを超え、体重はXNUMXキロを超えていたことに驚いた。

パタヤニュースチームとのインタビューで、ヘビ捕獲者らは、ヘビの体重の一部は約200人の貧しい人々によるものである可能性があると述べた。 ウズラ家の所有者の供述によれば、鳥かごの中で食べていたとのこと。

食べられたウズラの正確な数は科学的には判明していません。

ヘビ捕獲者らは、損傷にもかかわらず、ヘビは安全に本来あるべき自然に戻されるだろうとパタヤニュースに語った。
-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。