タイ王党派が米国大使館に集結、タイ政治への介入をやめるよう米国に請願

写真:Kapook

全国 -

彼らによると、昨日24月XNUMX日、タイ王党派のグループが米国大使館前に集まり、米国に対しタイの政治に干渉し、同国の君主制制度を損なうことをやめるよう訴えた。

この抗議活動は、米国の中央情報局(CIA)が前進党の設立を確実にするために14月XNUMX日のタイの選挙に介入したと継続的に主張したタイの保守系報道機関の報道に続いて行われた。 - 選挙に勝った党 - 政府の中で。

妨害疑惑の証拠として、抗議活動参加者らは、ロバート・ゴデック米国大使が選挙翌日に書いた選挙結果の即時公表をタイ政府に求める「要請」を持ち出した。

米国大使は次のように書いている。「昨日、タイ王国全土で数千万人が選挙監視員、投票所職員、メディア関係者、候補者、そして最も重要な有権者として投票に参加した。 タイの長年の友人であり同盟国として、米国は最終結果を楽しみにしている。」

請願に応じて、ゴデックは昨日デモ参加者と直接会い、彼らの苦情を受け入れた。 その後、ツイッターに「私は彼ら(デモ参加者)が来てくれたことに感謝し、米国はタイ君主制の制度とタイ人が王室に寄せる大きな尊敬を尊重していると繰り返した」と書いた。

同氏はさらに次のように続けた。「私は、米国が選挙で望ましい結果をもたなかったし、特定の政党や候補者を支持していないことを強調した。 私たちはタイの民主化プロセスから誕生した政府と協力できることを楽しみにしています。 タイ国民だけが自分たちを統治する者を選ぶべきだ。」


-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。