酒に酔った男性がパタヤの海に乗り込み、ブイラインで一夜を過ごす

パタヤ—

  伝えられるところによると、タイ人男性はガールフレンドとの問題で思い悩んでいて、ライスウィスキーに浪費することに決め、パタヤの海に入り、ブイラインで一晩を過ごした。 

不機嫌なボーイフレンド、アノン・スリルーさん(29)は、今朝50月5日午前11時にジョムティエンビーチ沖約XNUMXメートルの遊泳ブイで発見された。

彼はブイの上で眠っていたが、サワン・ボリボンの救助隊によって無事に岸に救出された。 救助隊員らがパタヤニュースに語ったところによると、男性はひどく酒に酔っていたという。

母親のバンオン・ティアムリットさん(49)によると、息子は理由は分からないがガールフレンドに対して不機嫌になったという。 彼は非常に動揺したため、真夜中にピックアップトラックを運転して家から立ち去り、長い間行方不明になりました。

アノンさんの安全を心配した母親とガールフレンド(名前は伏せられている)は、彼がよくリラックスしたり考え事をしたりするジョムティエンビーチに彼を探しに放浪することにした。 その後、アノンさんがビーチでライスウィスキーを飲んでいるのを発見し、それが夫婦間の新たな口論につながった。

息子は死にたいと口走り、パタヤの海に足を踏み入れた後、暗闇に消えた。 彼の母親は心配になり、当局に助けを求めました。 しかし、男性は自傷行為をせずにブイまで泳いで眠りについた。

救助隊員のおかげで男性に怪我はなかった。 報道時点では彼は酔いから覚めており、実際には自殺願望はなかったと伝えられている。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。