ショックを受けた群衆の前で酔った男がシラチャで自分を刺す

チョンブリ—

昨日1月XNUMX日、チョンブリのシラチャ地区で酒を飲んだ男性が暴走し、XNUMX回刺した。

シラチャの救助隊員は、ソイ カオ テーン オンの事件現場に駆けつけ、自分を刺したと報告されているソムチャイ S 氏と特定された犠牲者を助けました。

54 歳の犠牲者は、腹部に XNUMX つの刺し傷を負ったと救助者は述べ、彼はまた重度の酩酊状態だったと付け加えた。 救助隊は犠牲者に応急処置を施し、彼をソムデク プラ ボロマラジャテウィ ナ シー ラチャ病院に急行させました。

目撃者によると、被害者のソムチャイは酔っ払ってチャオヴァリットのミートボール売り場に近づき、彼からナイフを奪い、自分の腹を刺した。

Chaovalit は、刺傷の前に、被害者は怪我をする前に不意にベンダーの前で音楽に合わせて踊ったため、まだ上機嫌だったようだと付け加えた。

犠牲者は地元の病院に残った。 伝えられるところによれば、彼はアルコール依存症だった、と Chaovalit は述べた。
-=-=-=-=-=-=-=-=-===-=-=-= – = – = – = – ==-

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。