パタヤで溺れかけた外国人観光客が入院

写真:TMNケーブルTVパタヤ

パタヤ—

ジョムティエンビーチのライフガードに助けられた外国人は、溺れそうになった後、地元の病院に駆けつけました。

正体不明の観光客は、13月3日午後24時、バンラムン地区のソイXNUMXの入り口の前で、ライフガードによって溺れているのが発見され、海から引きずり出された。

男性観光客は気絶したため、勇敢なライフガードが彼の体を検査しなければならず、気道が水で塞がれていることがわかりました。

救命士はその後、心肺蘇生を行う前に閉塞を取り除き、バングラムン病院に搬送するためにサワン ボリボーンの救助隊に彼を引き渡しました。

地元メディアは、ライフガードの XNUMX 人である Thongchai Thiangcharoen 氏にこの事件について尋ねました。 外国人観光客のグループが海で意識を失っている XNUMX 人の外国人を見つけたと彼に伝えたとき、彼はジョムティエン ビーチで勤務していたと言いました。

トンチャイ氏は、すぐにチームの他のメンバーに連絡して観光客を救出したと述べました。 彼はまた、彼のチームが CPR を行った後、観光客の脈が戻ったことを明らかにしました。

この観光客の国籍と身元は、報道時点では不明です。

-=-=-=-=-=-=-=-=-===-=-=-= – = – = – = – ==-

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。