パタヤビーチ沖で外国人の死体が発見される

写真:TMNケーブルTVパタヤ

パタヤ—

昨日23月XNUMX日、パタヤの海で外国人男性の身元不明の遺体が発見されました。

パタヤ警察とサワン ボリボーンの救助隊は、午前 50 時 16 分頃、バンラムン地区のナクルア サブディストリクトのソイ 11 の前にあるウォン アマット ビーチの沖で、約 30 歳の外国人の遺体を回収することができました。

遺体は、ビーチで日光浴をしていたロシア人観光客によって報告されました。

男性の体は青いショートパンツしか着ていませんでした。 彼は、ビーチから 25 メートル離れた場所でうつぶせになっていて、ラインブイに絡まっていたのが発見されました。 本体に傷は見当たりませんでした。 犠牲者の国籍と死亡時刻は、報道時点では不明でした。

地元の記者は近くのホテルの従業員に事件について尋ねた。 店員は、海に浮いている死体を発見した後、ロシア人観光客が急いで警察に通報するように彼に伝えたと述べた.

遺体はバングラムン病院に移送され、身元確認と彼の親戚や家族を待ちました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-===-=-=-= – = – = – = – ==-

Facebookグループのディスカッションに参加してください https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または以下のコメントで。

パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。