サッタヒープ沖でジュゴンの死体が浮いているのが発見された

写真:Khaosod

サッタヒップ、チョンブリ—

  死んだジュゴンが海兵隊橋近くのサッタヒープ地区の海岸沖で発見されました。

死体は 5 月 300 日月曜日にサッタヒップの最初の対応者によって発見されました。 ジュゴンはメスで、体重は3キロ以上、体長は約6メートル、年齢は7~XNUMX歳。 サッタヒープ当局はジュゴンの死骸を調べたが、死因は特定できなかった。

当局者は、これほど大きくて美しいジュゴンがすぐに死んでしまったことは残念だと述べた。 体に傷は見当たらず、汚染されたものを食べたのではないかと疑った。 死体は研究所に移され、死因を突き止めるためにさらに調査されます。

-=-=-=-=-=-=-=-=-===-=-=-= – = – = – = – ==-

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。