シラチャのカンボジア人労働者が、作業中に鋼鉄の棒で突き刺される

スリラチャ -

  鋼棒製造工場で働いていた不運なカンボジア人労働者が、臀部に鋼棒を突き刺されました。 

恐ろしい事故は、チョンブリのシラチャのノンカム地区にある無名の工場で発生しました。 昨日、30月XNUMX日に事件に対応したSri Rachaの救助隊によると、鉄の棒が男性の臀部を貫通し、左太ももから突き出ていました。 

男性はカンボジア人労働者。 彼の名前は特定できませんでした。 救助隊は彼をレムチャバン病院に運ぶために棒を短くするために切断する必要があり、そこで残りの棒は彼の体から取り除かれました。

現在、男性は病院に入院している。 彼の友人は、男性が何かに​​つまずいて、後ろの棒に落ちた可能性があると言いました。 報告によると、彼の怪我は生命を脅かすものではありませんでしたが、確かに不快でした. 

写真: SundailyNews オンライン

-=-=-=-=-=-=-=-=-===-=-=-= – = – = – = – ==-

Facebookグループのディスカッションに参加してください https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または以下のコメントで。

パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。