更新: ビッグ ジョークがパタヤを訪問し、主要​​な身代金と中国人が関与するウォーキング ストリートでの拉致事件について記者会見を行います

パタヤ—

37万バーツの身代金のために指を切断された犠牲者とともに、中国人容疑者はタイから強制送還され、学生ビザで不法に滞在したとしてタイへの入国をブラックリストに載せられることになった。

私たちの前の話:

パタヤ警察は、パタヤ ウォーキング ストリートから 40 歳の中国人を誘拐し、身代金目的で指を切断したとされる XNUMX 人の中国人容疑者に XNUMX つの逮捕状を発行しました。

今私たちの更新のために:

国家警察副長官のスラチャテ「ビッグ ジョーク」ハクパルンは、XNUMX 月にウォーキング ストリートから自分のかつての友人を誘拐し、身代金を求めて指を切り落とした中国人誘拐犯を含む誘拐事件が終結したと発表しました。

Big Joke は昨夜、21 月 XNUMX 日に個人的にパタヤを訪れ、この件について話し合いました。

30 人の誘拐犯、チャン・“タタオ”・デロンさん (25 歳) とチャン・ウェンジアさん (XNUMX 歳) はバンコクで逮捕され、恐喝、拘禁、身体的暴行、夜間窃盗の共謀罪で起訴されました。

Big Joke は、誘拐犯が隣国で一緒に電話詐欺センターを運営していたため、実際には被害者と親しかったと述べました。 XNUMX 人の誘拐犯は被害者と衝突し、金目当てに誘拐した。

Big Joke によると、捜査により、XNUMX 人の容疑者と被害者が学生ビザで不法にタイに滞在していたことが判明したため、XNUMX 人全員が強制送還され、ブラックリストに載せられることになりました。

中国人容疑者に学生ビザを発行したタイの入国管理官は、懲戒処分を受けていた。

ビッグジョークは、容疑者がカンボジアからタイに渡り、中国政府によるカンボジアの不法移民に対する厳しい取り締まりを逃れたことを明らかにした.

タイは現在、不法な中国人移民や国内で不法またはグレーなビジネスを営む中国人を取り締まっています。
-=-=-=-=-=-=-=-=-===-=-=-= – = – = – = – ==-

Facebookグループのディスカッションに参加してください https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または以下のコメントで。

パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。