2022年APEC共同閣僚声明

タイ外務省より。 この声明は編集されていません。

1. 我々、アジア太平洋経済協力 (APEC) の閣僚は、17 年 2022 月 XNUMX 日にタイのバンコクで、タイのドン・プラムドウィナイ副首相兼外務大臣の議長の下、会合を行った。ジュリン・ラクサナウィシット、タイ副首相兼商務大臣。

 

2.我々は、APECビジネス諮問委員会(ABAC)、東南アジア諸国連合(ASEAN)、太平洋経済協力会議(PECC)及び太平洋諸島フォーラム(PIF)の参加を歓迎した。

 

3. 我々は、すべての人々の繁栄のために、2040 年までに開かれた、ダイナミックで、回復力があり、平和なアジア太平洋共同体を実現するため、アオテアロア行動計画の実施を通じたものを含め、APEC プトラジャヤ ビジョン 2040 の達成に向けた強いコミットメントを改めて表明する。私たちの人々と将来の世代。

 

4. 今年は、APEC 2022 のテーマ「開く。 接続。 我々は、あらゆる機会に開かれた貿易と投資を促進すること、あらゆる次元で地域を再接続すること、そしてバイオ・アライアンスなどのアプローチを通じてAPECをバランスの取れた包摂的かつ持続可能な成長に向けて推進することのXNUMXつの優先事項を通じて作業を進めました。サーキュラーグリーン(BCG)エコノミー。

 

5. 我々の会合において、我々は、今年の優先事項の下での 2022 年の APEC の成果について討議し、我々の将来の作業に関するガイダンスを提供し、APEC の前進について議論した。

 

優先順位 1: すべての機会に開かれている

6. COVID-19 パンデミックから脱却するにあたり、貿易と投資は、世界経済の回復を加速し、成長を再生する上で重要かつ不可欠な役割を果たしており、生活の向上、貧困の削減、持続可能な経済発展の促進に積極的に貢献することができます。 我々は、よりバランスのとれた包摂的な貿易・経済政策を採用し、自由で開かれた、公正で差別のない、透明で包摂的で予測可能な貿易・投資環境を提供するという我々の決意を改めて表明する。 私たちは、サプライチェーンの機能、安全性、回復力を維持するための努力を続けます。 我々は、有利な貿易及び投資環境を促進するための公平な競争条件を確保するために引き続き努力し、市場を開放し続け、サプライチェーンの混乱に対処するという我々のコミットメントを再確認する。

 

7. 今年は、ウクライナでの戦争が世界経済にさらに悪影響を与えることも目撃しました。 この問題について議論がありました。 我々は、11 年 1 月 2 日付の決議番号 ES-2022/141 で多数決(賛成 5 票、反対 35 票、 12 棄権、XNUMX 欠席) は、ロシア連邦によるウクライナへの侵略を最も強い言葉で嘆き、ウクライナ領土からの完全かつ無条件の撤退を要求する。 ほとんどのメンバーは、ウクライナでの戦争を強く非難し、それが莫大な人的被害を引き起こし、世界経済の既存の脆弱性を悪化させていることを強調した. 状況と制裁については、他の見解と異なる評価がありました。 APEC が安全保障上の問題を解決するためのフォーラムではないことを認識し、我々は、安全保障上の問題が世界経済に重大な結果をもたらす可能性があることを認める。

 

8. 我々は、高水準で包括的な地域事業に貢献するアジア太平洋自由貿易地域 (FTAAP) アジェンダに関する作業を通じたものを含め、市場主導型の方法で地域の経済統合をさらに前進させる。 我々は、リマ宣言及び北京ロードマップが FTAAP アジェンダの進展に有益な貢献をしたことを認識する。 この点に関して、我々は、2022 年の APEC 貿易担当大臣(MRT)会合での審議を想起し、COVID-19 パンデミック及びそれ以降の FTAAP に関する新たな議論を歓迎する。 そのために、我々は、プトラジャヤ・ビジョン2040における首脳のコミットメント及びFTAAPアジェンダに関する作業を前進させるアオテアロア行動計画に対応するFTAAPアジェンダ作業計画を歓迎する。 我々は、フォーラムを超えた協力及び他の経済関係者との関与の重要性を強調する。 我々は、関係者に対し、翌年の APEC 閣僚会議(AMM)に作業計画の実施の進捗状況を報告するよう任務を課す。 我々は、作業計画に関する迅速な行動をとることにより、地域経済統合を加速するという ABAC の呼びかけに留意する。 我々はまた、各国の貿易交渉能力を向上させるための能力構築への努力を継続する。

 

9. 我々は、世界貿易機関(WTO)を中核とする、ルールに基づく多国間貿易システムを維持し、さらに強化することの重要性を再確認し、コミットする。 我々は、特に COVID-19 のパンデミックに関連する食品や必需品及びサービスの移動及びアクセスの促進を通じて、世界的な課題からの経済回復を支援する多国間貿易システムの重要な役割を認識する。 我々は、12 年 12 月 17 日から 2022 日までスイスのジュネーブで開催された第 12 回 WTO 閣僚会議(MC13)の成功した成果を歓迎する。 これに関連して、我々は、MCXNUMX の成果を完全に実施するために建設的に取り組むことにコミットする。 我々は、WTO の役割を称賛し、持続可能で包摂的な成長を促進するための作業を継続することを求める。 我々は、第XNUMX回閣僚会議(MCXNUMX)での前向きな成果に向けて引き続き努力する。 私たちは、リーダーシップとアイデアのインキュベーターとしての役割を通じて、引き続きサポートを提供していきます。 我々はまた、多国間貿易システムの強化に対するABACの支援に感謝する。

 

10. 我々は、COVID-19 パンデミックへの WTO の対応及び将来のパンデミックへの備えに関する閣僚宣言を歓迎する。 我々はまた、知的財産権の貿易関連の側面(TRIPS)協定に関する閣僚決定を歓迎する。この協定では、決定の日から19ヶ月以内に、WTO加盟国は、知的財産権の生産及び供給を対象とする延長を決定することに合意した。 COVID-14.6 の診断と治療。 我々は、SDG 13 を支持する環境の持続可能性に関する WTO の作業を称賛し、違法、無報告及び無規制(IUU)漁業に寄与する補助金、乱獲資源に関する補助金、及び漁業への補助金を禁止する漁業補助金協定に関する閣僚決定を歓迎する。規制されていない公海で。 この点に関して、我々は、WTO規則交渉グループが、特定の形態の漁業に関するさらなる規律を通じたものを含め、漁業補助金に関する包括的な合意を達成するための追加条項についてMCXNUMXに勧告を行うことを目的として、未解決の問題に基づいて交渉を継続することに留意する。開発途上加盟国および後発開発途上加盟国に対する適切かつ効果的な特別かつ差別的な待遇がこれらの交渉の不可欠な部分であることを認識し、APEC エコノミーおよび他の WTO 加盟国に対し、最大限の努力を行うよう求める。契約の受諾書を速やかに提出すること。 我々は、食料不安に対する緊急対応に関する閣僚宣言を歓迎する。 我々はまた、世界食糧計画(WFP)が非商業的人道目的で購入した食料品に輸出禁止又は制限を課さないことにWTO加盟国が合意した、世界食糧計画(WFP)の食料購入の輸出禁止又は制限の免除に関する閣僚決定を歓迎する。 我々はまた、現代の SPS の課題への対応に関する閣僚宣言及び電子商取引に関する作業計画に関する閣僚決定、小規模経済に関する作業計画に関する大臣決定、及び TRIPS 非違反及び状況不服申立に関する大臣決定を歓迎する。

 

11. 我々は、世界中の人々に食料、繊維、その他の重要な製品をもたらし、WTO の規則に支えられたグローバルな農業と食料システムの重要性を認識する。 農業は、世界の食糧安全保障と持続可能な経済発展を確保する上で重要であるにもかかわらず、依然として世界貿易において最も保護されている分野の 20 つです。 我々は、WTO第XNUMX条に規定された農業改革プロセスの継続において想定されているように、支援と保護の実質的な漸進的削減を達成することを目的として、我々の集団的利益と敏感さを反映して、WTOにおける農業に関する有意義な成果の必要性を認識する。農業に関する WTO 協定と既存のマンデート。

 

12. 各 APEC メンバーは、サービス国内規制に関する交渉の成功裡の結論、ならびに電子商取引に関する JSI および開発のための投資円滑化に関する JSI に関する実質的な進展を歓迎する。

 

13.我々は、WTOが既存及び新たな世界貿易の課題により良く対処できることを確保するために、WTOのすべての機能を改善するために必要な改革を引き続き支援するために、WTOで協力することに引き続きコミットしている。 我々は、12 年までにすべての WTO 加盟国が利用できる完全かつ十分に機能する紛争解決システムを実現することを目的として議論を行うというコミットメントを含む、MC2024 で合意された改革の道筋を歓迎する。

 

14. サービス部門が持つ大きな可能性に留意し、我々は、2025 年までに APEC サービス競争力ロードマップ (ASCR) を実施するための継続的な努力の重要性を強調し、ASCR 中間レビュー (MTR) の要約報告書における勧告を繰り返し述べる。我々は、APECの構造改革アジェンダの中心的焦点として、開放性、バランス、透明性及び包括性を支持するサービスの国内規制及び政策改革を行い、APECインターネット及びデジタル経済ロードマップ(AIDER)間の相乗効果を高めることへのコミットメントを再確認する。 、女性と包括的な成長のためのラ・セレナ・ロードマップ(2021-2019)、および構造改革のための強化されたAPECアジェンダ(EAASR)。 我々は、サービスに関するグループに対し、経済委員会及びデジタル経済運営グループと調整して、2030 年までのこれらのフォーラムのそれぞれのアジェンダ内でのサービスの競争力の役割を検討し、この点に関して進行中のイニシアチブを歓迎することを任務とする。 私たちは、COVID-2025 パンデミックによる商品と比較して、サービスへの影響が大きく、回復が遅いことを認識しています。 パンデミックからの持続可能かつ包摂的な回復を確保し、将来の経済的ショックに対する回復力を強化するための健全でタイムリーな政策の重要性を考慮し、我々は、APEC地域におけるパンデミックの回復を評価する必要性を認識し、ASCRの下でのパンデミック回復の監視に関する決定を歓迎する。

 

15. 我々は、貿易と投資をさらに促進し、地域におけるより大きな透明性、予測可能性及び相互運用性を促進するために、健全で予測可能な規制環境を創出し、優れた規制慣行と国際的な規制協力を促進することにコミットする。 15名様大歓迎ですth 優れた規制慣行に関する会議。デジタル技術の使用と優れた規制慣行に焦点を当て、迅速で回復力があり、包括的で、持続可能で、環境に優しく、革新的な経済回復をサポートします。 我々は、EAASR の XNUMX つの柱すべてを引き続き積極的に実施し、第 XNUMX のビジネスのしやすさ (EoDB) 行動計画に協力する。進捗状況の測定を国際的なベスト プラクティスに合わせる計画を立てます。

 

16. 我々は、このデジタル時代における持続可能な経済成長と発展を推進する上で、科学技術イノベーション(STI)の重要な役割を認識する。 我々は、研究開発、知識の共有及び能力開発などを通じて、新たな技術を可能にする環境を促進するために取り組み、この点に関して民間部門及び学界が果たす重要な役割に留意する。 我々は、経済的利益を増大させるために、デジタル経済における革新と創造性を支援し前進させる政策とプログラムを通じて、知的財産権を促進するという我々のコミットメントを再確認する。

 

優先順位 2: あらゆる次元でつながる

17. 何年もの COVID-19 の後、この地域をあらゆる次元で再接続することが最も重要です。
我々は、物理的、制度的、及び人的接続性を強化することにより、シームレスかつ包括的に接続され、統合されたアジア太平洋に向けたAPEC接続性青写真の実施を通じることを含め、APEC接続性アジェンダを前進させることに引き続きコミットしている。 この点に関して、我々は、質の高いインフラ開発及び投資の重要性を再確認する。

 

18. 我々は、サプライチェーンの接続性を強化し、サプライチェーンの混乱を最小限に抑える努力を支持する。 我々は、サプライチェーン接続性フレームワーク行動計画(SCFAP III)のフェーズ 19 を歓迎し、支持する。 貿易円滑化は、COVID-19 パンデミックの間、COVID-19 ワクチン、診断、治療、およびその他の関連する不可欠な医療製品を含む必須商品の効率的な流れをサポートする上で不可欠なツールです。 我々は、APEC の「物流関連サービス」の定義に留意し、必需品の移動促進に関する宣言、COVID-XNUMX ワクチンサプライチェーンに関する声明及び必需品の移動を支援するサービスに関する声明の堅固な実施を奨励する。 . 我々は、WTO貿易円滑化協定、特に必需品のタイムリーかつ効率的なリリースに関連する規定の実施を加速することに引き続きコミットしている。

 

19. デジタル経済の急速な台頭は、巨大な経済的機会を保持し、持続可能で包摂的かつ革新的な成長の達成への道を開きます。 我々は、電子商取引の促進及びデジタル貿易に関する協力の促進を含む、包摂的な経済成長に関する行動を優先する AIDER の実施を加速するという我々の呼びかけを再確認する。 我々は、エコノミーに対し、デジタル経済に関するより最先端で包括的な協力イニシアチブを育成することを奨励する。

 

20. 我々は、貿易をさらに促進するために、デジタル接続を強化し、デジタル変革を進める必要性を強調する。 我々は、国境通関手続のデジタル化並びに電子決済及び電子文書の受入れを含むペーパーレス取引促進措置の開発及び実施における進展を歓迎する。 我々は、港湾通関及び通関手続を改善及び簡素化するために、新技術及び革新的解決策の利用を模索することを含め、港湾及び国境協力及び単一窓口の相互運用性に関する作業をさらに進める。

 

21. 我々は、とりわけ規制に関する協力を通じて、データの流れを促進し、デジタル取引におけるビジネス及び消費者の信頼を強化することに協力することに加えて、デジタル貿易及び電子商取引の分野における潜在的な経済成長の新たな分野を探求し続ける。インターネットとデジタル経済に影響を与えるアプローチと、デジタル環境における適切な消費者保護。 我々は、デジタル・インフラを強化し、経済間及び経済内のデジタル・デバイドを埋め、安全で安全なオンライン環境を促進するための協力を深める。 デジタルトランスフォーメーションの加速、デジタルリテラシーの強化、キャパシティビルディングの強化、およびデジタルスキルの促進により、デジタル時代における労働力のキャパシティを構築するための取り組みを強化する必要があります。 私たちは、スマートシティに関する取り組みに注目しています。

 

22. 我々は、デジタル経済及び電子商取引への中小零細企業の参加を増やすための努力を継続する。 私たちは、中小企業が電子商取引市場で繁栄し、国境を越えた電子商取引を通じてより多くの消費者にリーチするのを支援するための推奨事項を建設的に策定するプロジェクトをさらに進めます。

 

23. 国境を越えた旅行を安全かつシームレスに再開することは、COVID-19 のパンデミックから脱却するにあたり、特にビジネス関係者や航空および海運の乗組員を含む不可欠な労働力の移動に関して、この地域にとって引き続き重要な問題です。 この点に関して、我々は、APEC 地域における越境旅行の促進に貢献する APEC の努力を調整する安全通行タスクフォース(SPTF)の作業を称賛し、将来に直面して回復力を促進するための安全通行作業の継続を歓迎する。混乱。 この点に関して、我々は、APEC 地域におけるワクチン接種証明書の相互運用性に関する任意原則を歓迎する。 我々は、「APEC地域におけるCOVID-19と国境を越えた移動:国境における不確実性への対処」に関するAPECポリシー・サポート・ユニット(PSU)の研究における勧告を歓迎する。

 

24. 我々は、健康と経済に関する第 XNUMX 回ハイレベル会合での審議を歓迎し、予防接種証明書の相互運用性に関する技術仕様の自発的な共有と、安全な通行情報を共有するための情報ポータルの開発に対するエコノミーの努力を称賛する。安全でシームレスな国境を越えた旅行を保証することを目的とした、革新的でデジタルな健康技術の使用。 我々は、APECビジネス・トラベル・カード(ABTC)が、我々の地域におけるビジネス関係者の旅行の円滑化に大きく貢献していることを認識しています。 我々は、エコノミーに対し、ABTC を中小零細企業にとってより包摂的なものにすることを奨励し、効率的でシームレスな国境を越えた旅行をさらに支援するバーチャル ABTC をエコノミーが取り入れ、受け入れることを歓迎する。

 

優先事項 3: すべての面でのバランス

25. 地域が直面する困難と混乱の高まりの中で、我々は、プトラジャヤ・ビジョン 2040 において、アジア太平洋地域における強力でバランスの取れた、安全で持続可能かつ包摂的な成長を追求するという我々の首脳によるコミットメントを再確認し、大胆で対応力のある方法でそれらを履行する。と包括的な方法。 我々は、持続可能な地球のために、気候変動、異常気象、自然災害を含むすべての環境課題に包括的に対処する世界的な取り組みを支援する経済政策、協力、成長を促進する。

 

26. 我々は、EAASR の実施を継続し、エコノミーに対し、個別行動計画 (IAPs) で特定された行動を実施するための具体的な措置を講じるよう奨励する。 我々は、構造改革及び経済ショックからの緑の回復に関する 2022 年 APEC 経済政策報告書(AEPR)を歓迎し、エコノミーに対し、その勧告を考慮に入れるよう奨励する。 我々は、持続的なグリーン成長を促進する構造改革を支援するためのAPEC全体にわたる追加的な資源の貢献と同様に、多様で継続的な努力を歓迎し、この点で新たに設立された基金を歓迎する。 我々は、構造改革に関する 2023 年の AEPR と、包摂的で回復力のある持続可能なビジネスを可能にする環境に期待している。

 

27. 我々は、29 での審議を歓迎するth 財務大臣会合では、持続可能な金融の促進と、財政政策および包摂的金融のためのデジタル化の利用に特に焦点を当てています。 我々は、APEC の優先事項を前進させるため、APEC 経済委員会と APEC 財務大臣プロセスとの間のより緊密な調整を奨励する。

 

28. 我々は、貿易及び経済協力を通じて、環境の持続可能性を引き続き支援する。 我々は、環境物品の分野における我々の協力を更に強化するためのAPEC環境物品作業計画の承認を歓迎する。 これに関連して、我々は、2012 年 APEC 環境物品リストを参照目的で調和システム(HS)2022 に更新するための作業の実質的な進展を歓迎し、可能な限り早期に移行作業を完了することの重要性を改めて表明する。 我々は、環境及び環境関連サービスの貿易をどのように増加させるかについての議論の進展、並びに新規及び新興の環境物品の自主的で拘束力のない参照リストを潜在的に作成するための勧告の作成に関する議論を歓迎し、当局にこれらを継続するよう指示する動作します。 この点に関して、我々は、環境及び環境関連サービスに関するコミットメントをスケジュールするための APEC エコノミーの能力を構築する最近の作業を歓迎する。

 

29. 我々は、必要とする人々に不可欠なエネルギーサービスを提供することの重要性を認識しながら、無駄な消費を助長する非効率な化石燃料補助金を合理化し、段階的に廃止するという我々の首脳のコミットメントを想起する。 その実現に向けて、取り組みを加速させていきます。 我々は、非効率な化石燃料補助金の自主的な停止を実施する立場にあるメンバー・エコノミーのために、当局が努力を継続することを求める。 我々は、非効率な化石燃料補助金措置を自主的に自己特定するために、これまでエコノミーが APEC テンプレートを使用したことを歓迎し、他のエコノミーにもそうするよう奨励する。

 

30. 我々は、関連する活動への投資を促進することを含め、地域におけるエネルギーの回復力、アクセス及び安全を確保しながら、温室効果ガスの排出を削減する持続可能なエネルギー転換を支援するために協力し続ける。 我々は、地域の相互接続性、エネルギー転換、BCG 経済を通じた持続可能で包摂的な成長に今年特に注目されたことを歓迎し、この分野での協力を深めることを求める。

 

31. この努力において、私たちは誰も置き去りにされないようにします。 私たちは、MSME、女性、未開拓の経済的可能性を持つその他の人々を含むすべての人に明白な利益とより大きな健康と幸福をもたらす質の高い成長を促進するというリーダーのビジョンを順守します。

 

32. MSME は、経済の GDP に大きく貢献し、雇用と経済成長の不可欠な基盤を提供します。 したがって、私たちは中小零細企業のグローバル化と、中小企業の金融アクセスの拡大に引き続き取り組んでいます。 28 での審議を歓迎するth APEC中小企業大臣会合。 我々は、MSME が競争力を持ち、専門的で、革新的である機会を改善し、MSME をグローバル化するためのボラカイ行動アジェンダの下での成果に基づいて、MSME が地域市場や世界市場への参加を拡大し、グローバルなサプライチェーンとバリューチェーンへの統合を促進するために協力する。 その重要性を再確認し、我々は当局に対し、グリーンで持続可能かつ革新的な MSME のための APEC 戦略の更新を進めるよう任務を与える。

 

33. 我々は、APEC 女性と経済フォーラム(WEF)での審議を歓迎する。 我々は、多様な背景を持つ女性を含む女性のエンパワーメントを促進し、我々の地域におけるジェンダーの平等と包摂を促進するために、女性と包括的な成長のためのラ・セレナ・ロードマップ(2019-2030)の完全な実施を加速するという我々のコミットメントを再確認する。 BCG エコノミーなどのアプローチの採用の増加、デジタル プラットフォームの台頭、デジタル リテラシーとスキルの教育により、すべての女性に追加の雇用経路が生み出される可能性があることを認識しています。 この目的のために、我々は、女性の経済参加への障壁を取り除く必要性も認識し、女性の経済参加への障壁を取り除く必要性も認識し、すべての経済活動への女性の完全な平等かつ有意義な参加、ならびにあらゆるレベルでのリーダーシップと意思決定を通じたジェンダーの主流化の重要性を強調する。関連する APEC プロセスにおいてジェンダー主流化アプローチを使用するための継続的な努力。 我々は、多様な背景を持つ女性が率いるものを含め、女性が率いる中小零細企業が、国内市場と国際市場の両方で資本と資産にアクセスできるようにするために、公共部門と民間部門の協力を促進し促進することの重要性を認識する。

 

34. 社会のすべてのセグメントが経済の回復と成長に貢献できることを認めながら、我々はまた、既存の障壁を減らし、必要に応じて先住民族、人々障害のある人、遠隔地や田舎のコミュニティから来た人。 我々は、経済的、金融的及び社会的包摂の促進に関する APEC アクション・アジェンダの継続的な実施を求める。

 

35. 技術進歩の恩恵を十分に享受するために、私たちの人々は仕事の未来に備える必要があります。 我々は、職業訓練と同様に教育の質を改善し、雇用とディーセント・ワークを促進し、スキルの再教育とスキルアップの努力を強化し、生涯学習の機会を奨励して熟練した、生産的で機敏な労働力を創出する必要性を認識する。.

 

36. 我々はまた、有能で熟練した医療従事者によって支えられる強力で回復力のある医療システムを構築し、ひいては経済成長を促進する健康安全保障を推進するために、医療投資と医療資金調達を通じて、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジを達成することの重要性を再確認する。そして生産性。 グローバルな公共財としての COVID-19 予防接種の役割を認識し、安全で効果的、品質が保証され、手頃な価格の COVID-19 ワクチン、治療法、診断法への公平なアクセスを促進する必要性を強く強調します。

 

37. 我々は、第 2030 回 APEC 食料安全保障閣僚会議で承認された、長期的な食料安全保障、食料安全、万人のための栄養改善、並びに食料ロスの削減のための XNUMX 年に向けた食料安全保障ロードマップの実施計画を歓迎する。食料システムを持続的かつ革新的に変革することにより、地域の廃棄物を削減します。 私たちは、食品サプライチェーンの混乱に対する回復力を高めることに取り組んでいます。 我々は、農業・食品セクターにおける STI の使用を奨励し、小規模自作農、特に農村地域の小規模自作農が、デジタル技術を含む必要な知識とスキルを身に付けることにより、この変化に備えることを支援します。地域およびグローバル市場へのアクセス。

 

38. 私たちは、自然資源の効率的かつ持続可能な管理と農業政策が、環境にプラスの成果を生み出す上で重要であることを認識する。

 

39. 私たちは、海洋および沿岸資源の持続可能な管理と保全、および海洋の保護を支持します。 我々は、世界の食料安全保障を確保する上で漁業と水産養殖が重要な役割を果たしていること、したがって漁業資源の持続可能性を確保する必要性を認識する。 我々は、IUU漁業との闘いに関するAPECロードマップ及び海洋ゴミに関するAPECロードマップの実施に引き続きコミットする。 この点に関して、我々は、IUU 漁業を防止、抑止、及び排除するための PSMA の実施の原則に基づいて、強固で効果的な措置を実施する。

 

40. 我々は、第 11 回観光大臣会合での審議を歓迎する。再生型観光は、持続可能で包摂的かつ回復力があり、観光のエコシステム全体を結び付け、地域のあらゆるタイプの幸福に貢献する再生型観光の重要性を強調した。生物多様性、豊かな文化的多様性、各地の地元の知識。 我々は、未来の観光のための政策提言:再生型観光及び観光関係者のための更新された APEC ガイドラインが XNUMX によって承認されたことに留意する。th TMM。

 

41. 我々は、第 XNUMX 回林業担当大臣会合における審議を歓迎する。 これに関連して、私たちは、違法伐採および関連する取引と闘い、木材および木材製品の持続可能な利用を強化し、合法的な木材取引を含む持続可能な森林管理を促進し、気候変動への取り組みを支援するなどの取り組みを継続します。

 

42. 我々は、政府の説明責任と国民の信頼を損ない、経済成長を阻害する汚職がもたらす深刻な脅威を引き続き強調する。 関連経済による国連腐敗防止条約の実施を促進するため、我々は、腐敗との闘いに関する北京宣言及び腐敗と闘い透明性を確保するためのサンティアゴ公約並びに贈収賄の防止に関するAPEC原則及び贈収賄防止法の施行。 我々は、国内法に従い、汚職犯罪者及びその不法資産に対する安全な避難所を否定し、国境を越えた汚職と闘うという我々のコミットメントを再確認する。 我々は、必要に応じて、他の国際機関、民間部門及び市民社会との協力を通じたものを含め、互いに学び合い、実践的な行動と団結したアプローチを取ることにコミットしている。 我々は、国境を越えた汚職と闘うという我々のコミットメントを再確認する。 我々は、女性のエンパワーメントを阻害し、経済発展の機会を減少させる汚職に引き続き対処する。

 

43. 持続可能性に関する APEC 全体のアジェンダを前進させるために、我々は、BCG 経済に関するバンコク目標を歓迎し、首脳の承認を得るために提出する。 バンコクの目標は、包括的かつ総合的な方法で、COVID-19 からの包摂的でバランスの取れた持続可能な回復、長期的な回復力のある経済成長、APEC 地域の環境および気候目標を達成するためのアプローチとして BCG 経済をサポートし、相乗効果を生み出します。複数の政策分野にまたがり、APEC の既存のコミットメントとワークストリームに基づいて構築する。 我々はまた、APEC BCG 賞が今年発足し、地域の持続可能性に関する成果を評価することを歓迎し、来年 APEC が最初の受賞者を授与することを期待する。

 

44.我々は、アオテアロア行動計画を通じたものを含め、APECを未来志向であり、プトラジャヤ・ビジョン2040の実施の目的に適した機関となるようさらに改善する。 また、分野を超えた協力の重要性、およびビジネス界を含むさまざまな利害関係者との関与とアウトリーチの重要性も強調しています。 我々は、ビジョンのすべての要素を効率的かつ効果的に実現することを目的として、APEC のガバナンス及び組織構造を改善するための努力を継続する。 我々は、すべての加盟国の利益のために、APEC内での能力構築の努力及び経済的及び技術的協力を強く支持する。

 

45. 我々はまた、APEC の作業を支援するための調査と分析を提供する上でのポリシー サポート ユニット (PSU) の重要な役割を認識する。 1 年 2023 月 XNUMX 日から発効する新しい PSU ディレクターとして Carlos Kuriyama を歓迎し、Dr. Denis Hew の在職中の多大な貢献に感謝します。

 

46. 我々は、APEC プロセスへの ABAC の継続的な積極的な関与を認識し、感謝し、APEC への関与をあらゆるレベルで深めることを求める。 また、PECC、ASEAN、PIF、APEC スタディ センター コンソーシアムを含む、年間を通じてのさまざまな利害関係者の貢献にも感謝します。 我々は、NGO や市民社会などのより広範な経済関係者との追加的な関与、及び APEC プトラジャヤ ビジョン 2040 の幅広さを反映する若者へのアウトリーチの拡大を奨励する。

 

47. 我々は、2022 年 APEC 高級実務者会合(SOM)議長報告書及び経済・技術協力に関する高級実務者報告書を歓迎し、留意する。 我々は、閣僚への貿易投資委員会年次報告を支持する。 我々はまた、ABAC 議長報告にも留意する。 我々は、2023 年の APEC 事務局会計予算及び対応する 2023 年のメンバーの拠出額を承認する。我々はまた、一般的及び専門的なサブファンドを含むメンバーの対応する拠出に感謝する。

 

48. 我々は、タイが 2022 年に APEC を主催したことに感謝し、米国が主催する APEC 2023 の準備を歓迎する。 我々は、APEC 2024 及び 2025 のホスト国として、それぞれペルー及び韓国を歓迎することを改めて表明する。 私たちは、私たちが目指しているアジア太平洋を構築するための重要な仕事を継続することを楽しみにしています。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/