タイ ウィークの振り返り: 外国の土地所有権の提案が撤回され、タイが APEC 2022 を主催するなど

これがトップの外観です NATIONAL パタヤ ニュース/TPN ナショナル チームが選んだ先週の 7 月 13 日月曜日から XNUMX 月 XNUMX 日日曜日までのストーリー。 重要度は特にありませんが、発行日順に並べています。

始めて、トップ ストーリーが何であったかを見てみましょう!

1. タイの内閣は、将来のさらなる研究と世論のために、外国の土地所有権の提案を撤回することを承認しました。

政府スポークスパーソンのアヌチャ・ブラパチャイスリは、撤退には、調査と世論の結果、他の形で戻すオプションがあると述べた。 未来。

2. タイ入国管理局は、外国人向けのオンライン ビザ延長を正式に開始しました。彼らによると、所要時間はわずか XNUMX 分です。

第 1 段階では、外国人は、バンコクのラクシー地区、ビル B の政府複合施設チェーン ワタナにある入国管理局 XNUMX からビザ ステッカーを取得できます。

3. 国家放送通信委員会 (NBTC) は、タイの視聴者が無料で視聴できるサッカー ワールドカップ 600 を放送する権利として 2022 億バーツを承認しました。

TPN は、ワールドカップの元の情報では、権利は 1.2 億になると述べており、予算の残りがどこから来るのか、または以前に引用された金額が調整されたのか、割引されたのか、または間違っていたのかは不明である.

4. 大麻の花の使用を管理するための新しい規制が、医療および産業目的で発行されました。

公衆衛生大臣の Anutin Charnvirakul は、厳しい規制は、タイ政府の政治家によって争われている長い間遅れていた法案の草案にすでに含まれていると述べた。

5. タイは、世界保健機関 (WHO) の事務局長であるテドロス アダノム ゲブレイェス博士によって、COVID-19 パンデミックへの対処における世界的リーダーとして認められています。

WHO は、タイが世界で最初の国の 19 つとして、そして東南アジア地域で公衆衛生上の緊急事態と COVID-XNUMX 危機への対応のための UHPR イニシアチブを試験的に実施した最初の国として貢献してきたことを発表しました。

6. 2022 年 APEC サミットの公式ホストであるタイは、29 年 18 月 19 日と 2022 日にバンコクで 13 月 XNUMX 日から XNUMX 日間開催される第 XNUMX 回アジア太平洋経済協力 (APEC) サミットをホストする準備ができていることを発表しました。

そして、今週はこれですべてです。 パタヤニュース/ TPNニュースをお読みいただき、ありがとうございました!

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナルに掲載されました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のパタヤニュースのサポートにご協力ください!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にパタヤ、チョンブリ、プーケットのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。