ナコン シー タマラートで酔っ払ったアメリカ人観光客がタイのウィスキーを XNUMX 日間続けて飲んだ後、公の場で迷惑をかけたと伝えられています。

写真: ナコンジャンクション

ナコーンシータンマラート–

Nakhon Si Thammarat で酔っ払ったアメリカ人観光客が、少なくとも XNUMX 日間連続してタイのウィスキー (Lao Kao) を飲んでいたため、公共の迷惑になったと報告されています。

カノム警察は、昨日の午後 (5 月 XNUMX 日) に事件の通知を受けました。th) カノム地区のバーン パ レーンにあります。 彼らは現場に到着し、地元の食料品店の前で支離滅裂な叫び声を上げていた外国人男性を見つけました。 近くの車も同様に損傷を受け、長期間にわたって、上の写真に見られるように群衆制御ツールの助けを借りて、男性は最終的に約XNUMX人の警察官によって捕らえられ、逮捕されました.

カノム警察はプーケット・エクスプレスに対し、その男は45歳のアメリカ国民であるアンディゴ氏としてのみ特定されたと語った。 彼は最近、XNUMX か月の観光ビザでタイに入国しました。

被害者のスーンソン・チュムチュー氏はプーケット・エクスプレスに次のように語った。 彼はひどく酔っていて、何かに怒っているようだった。 彼は私の食料品店を含め、彼が通り過ぎたすべてのものを壊しました。 彼はまた、石を使って近くの車をぶつけて損傷させました。」

他の目撃者はカノム警察に、観光客が少なくとも XNUMX 日間連続してタイのウィスキーを飲むのを見たと語った。 法執行機関が男性の強制送還を計画していると述べたため、入国管理官にも連絡があったと伝えられています。

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイト、プーケット エクスプレスに掲載されました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のパタヤニュースのサポートにご協力ください!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にパタヤ、チョンブリ、プーケットのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。