パタヤ地域のノンサモ病院は、タイで年間少なくともXNUMX万人が犬に噛まれていることを明らかにしました

パタヤ—

タイでは年間少なくともXNUMX万人が犬に噛まれているという統計が示された後、ポンのノンサモ病院は狂犬病に関するセミナーを開催しました。

パタヤ地区で数件の狂犬病患者が発生し、動物に噛まれたときにどうすればよいか分からないのではないかという懸念を受けて、昨日 25 月 XNUMX 日にセミナーが開催されました。

したがって、病院の医師は、動物の狂犬病の症状を検出し、動物の咬傷を適切に治療するために、健康ボランティアを訓練しました. 医師は会議で次のように述べました。 咬傷を水と石鹸ですばやくきれいにする必要があります。 1. 私たちを噛む動物の種類を覚えておいてください。飼い主がいる場合は、狂犬病の予防接種について飼い主に尋ねることができます。 2. 医師に相談してください。

ペットの飼い主に対して、医師は次のようにアドバイスしました。 毎年ペットにワクチン接種を受けさせ、最初の 1 年間は少なくとも 2 回接種してください。 3. ペットを散歩に連れ出すときは、必ずリードをつけてください。 XNUMX. ペットを殺菌し、決して捨てないでください。 健康ボランティアは、後で地元の人々に知識を広めるのに役立ちます.

-=-=-=-=-=-=-=-=-===-=-=-= – = – = – = – ==-

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。