タイはCovid-19サーベイランスレベルを監視が必要な伝染病に引き下げ、1月XNUMX日に発効

写真:บริษัทโสภณเคเบิ้ลที.วี.และสื่อสารส

ナショナル–

公衆衛生省は 21 月 19 日水曜日、Covid-1 サーベイランスを危険な伝染病から監視が必要な伝染病に引き下げることを発表しました。これは XNUMX 月 XNUMX 日に発効します。

副政府スポークスパーソンの Traisulee Traisaranakul は、レベルの低下は、国内だけでなく世界中での感染率と死亡率の低下によるものであると述べました。 すでにワクチン接種を受けているか、ウイルスに対する免疫を持っている人の数も、公衆衛生省が計画した予想数に達しています。

監視対象の伝染病に適応することにより、いくつかの実用的なガイドラインが起草され、民間部門と公共部門の両方で実施さ​​れます。 Covid-19状況管理センター(CCSA)による最初の草案の検討は、23月XNUMX日金曜日に開催されます。

「政府の意思は明確です。法律、全体的な管理システム、公衆衛生、社会的コミュニケーションなど、いくつかのセクションに適用されるガイドラインが適用されます。 目標は、パンデミック後の期間の後、人々がCovid-19とともに安全かつ正常に生活できるようにすることです。 これらすべては、23 月 XNUMX 日の CCSA 総会で検討されます」と Traisulee 氏は締めくくりました。

パタヤニュースの全国ニュースライター。 バンコクで生まれ育ったNopは、言葉や写真を通して故郷の物語を語ることを楽しんでいます。 彼女の米国での教育経験とジャーナリズムへの情熱は、社会、政治、教育、文化、芸術への彼女の真の関心を形作っています。