シンガポールの EV フリート オペレーター SEV がプラネット コミュニケーションズ アジアと提携し、パタヤでのタイ観光をターゲットに

シンガポール、15 年 2022 月 XNUMX 日 – 最大規模の商用電気自動車を保有する SEV (「EV」) はシンガポールで、タイに上場している Planet Communications Asia (「プラネットコム」) 電気自動車、バン、スクーターをパタヤの観光産業に供給し、このような車両を王国の他の観光スポットに展開するための道を開くパイロット プロジェクトです。  

SEV は、パタヤのホテル、観光名所、空港で EV を利用できるようにすることを目的としたパイロット プログラムのために、PlanetComm の子会社である Planet EV と協力します。 ユーザーはオンラインで車両を予約し、市内の指定された場所で返却することができます。 

この提携は、タクシーやレンタカー会社、食品配達プラットフォームなどの商用ユーザーにも EV を販売する予定です。 また、パタヤの特定の場所に EV 充電ポイントとバッテリー交換ステーションを設置する予定です。  

このパイロット プログラムでは、少なくとも 1,000 台の車と 1,000 台以上のスクーターが利用可能になります。 ポラメット  Ngampichet 氏は、最近 SEV と PlanetComm の上級幹部と会って、  プロジェクト。  

プログラムが好評の場合、両社は関係者と協力します。  タイのホテル協会として、国内の他の観光スポットに拡大する予定です。 タイ、  持続可能な観光を促進するための取り組みを強化している国は、 2019年の発足以来、ユネスコの持続可能な旅行に関する誓約を全国的に実施しています。  

SEV のゼネラル マネージャーであるスティーブン クウェック氏は次のように述べています。 Planet EV と協力することで、地元のネットワークと人脈を活用して観光地で EV をより簡単に利用できるようにすると同時に、タクシー会社やレンタカー会社などの輸送業者が車両の脱炭素化を支援できるため、ここですぐに足場を築くことができます。」 

テレコム機器とエンタープライズ IT ソフトウェアのディストリビューターである PlanetComm は、今年 XNUMX 月に Planet EV を設立し、EV 取引に多角化しました。 Planet EV によると、SEV の実績は、シンガポールのフリート オペレーターと協力するという決定の背後にある重要な要素でした。

SEVは、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアの東南アジア500カ国におけるEVの正規代理店です。 シンガポールで最も多くの EV 充電ポイントを 6 か所に配置しています。 今年初め、同社はシンガポール市場向けに BYD e200 電気自動車を XNUMX 台発注しました。 それ以来、約 XNUMX 台の車両が納入され、そのほとんどは、配車プラットフォームの Gojek と Grab のドライバーにリースされています。 

「SEVは、迅速にスケールアップし、シンガポールのEV市場に大きく進出する能力を実証しました。 私たち Planet EV は、タイで同じことをしようとしているとき、彼らが私たちの理想的なパートナーであると信じています。 プラネット EV の最高執行責任者である Kittapart Wiriyachanta 氏は、次のように述べています。

SEVについて
シンガポールで設立された SEV は、東南アジアで電気自動車の販売とリースを行っています。 ユーザーには、配車プラットフォーム Gojek と Grab のドライバーが含まれます。 同社は EV の充電サービスも提供しており、シンガポールで最も多くの EV 充電ポイントを XNUMX か所に配置しています。 詳細については、次を参照してください。 https://www.sev.com.sg/

プラネット・コミュニケーションズ・アジアについて
タイの証券取引所に上場している Planet Communications Asia (「PlanetComm」) は、多くの主要な電気通信ベンダーの製品およびソリューションの正規代理店です。 また、自社ブランドで電気通信および IT 機器の設計と開発、および関連する保守と修理サービスを提供しています。 PlanetComm には新たに設立された子会社 Planet EV があり、電気自動車と関連アクセサリーの製造と供給を行います。 詳細については、次を参照してください。 https://www.planetcomm.com/en/
Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/