タイの内閣委員会は、労働省が提案した日額最低賃金の引き上げを承認し、XNUMX 月に発効する予定です。

写真:マネージャーオンライン

ナショナル–

13 月 5.02 日火曜日の内閣委員会は、1 月 XNUMX 日に発効する、全国で最低賃金を XNUMX% 引き上げることを承認しました。

提案は内閣委員会に提出された。 労働省. 承認後、新しい料金は平均 337 バーツになり、チョンブリとプーケットでは最高料金が適用されます。

ヤラ、パッタニ、ナラティワート、ナーン、ウドンタニで適用される最低レートは 328 バーツで、バンコクとその周辺の新しいレートは 353 バーツです。

写真:マティチョン

スチャート・チョムクリン労働相はAP通信に対し、国内のインフレと世界中の経済状況を受けて、XNUMX年ぶりに最低賃金を引き上げなければならないと語った。

大臣は次のように述べています。 金利やエネルギー価格の上昇に関しては、政府は可能な限り生活費を削減して国民を支援することで問題を解決しようとしました。」

「そして、厚労省が 1 月 XNUMX 日に新たな値上げを実施することを決定した理由は、必需品の価格がすでに上昇していたためです。 値上げが来年実施された場合、価格は再び上昇するでしょう。 したがって、国内の製品やサービスの価格に見合うように、できるだけ早く賃金を引き上げる必要があります。」 大臣はこう締めくくった。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

次のタイ旅行にCovid-19保険が必要ですか? ここをクリック。

フォローをお願いします Facebook

アラートを破るためにLINEに参加してください!

パタヤニュースの全国ニュースライター。 バンコクで生まれ育ったNopは、言葉や写真を通して故郷の物語を語ることを楽しんでいます。 彼女の米国での教育経験とジャーナリズムへの情熱は、社会、政治、教育、文化、芸術への彼女の真の関心を形作っています。