今朝、チャチェンサオの農場の池で象の子牛が死んでいるのが発見され、昨夜溺死したと推定される

チャチューンサオ–

15月XNUMX日月曜日、チャチェンサオのタタキアブ地区にある地元の農場の池で、野生のゾウの子牛が死んでいるのが発見され、日曜日の夜に群れと泳いでいるときに溺死したと推定されています.

地元の村人から、農場の池にゾウの赤ちゃんの死体が浮いているとの連絡を受け、今朝、タキアブ地区の責任者であるラスミン プルクサトーン氏と野生生物保護担当官が現場に到着しました。

ชาวบ้านพาชี้จุดลูกช้างตกน้ำ

農場主のクライソーン・デュサディーさん(47)は当局者に、地元住民は数十頭のゾウが池で泳ぎに来るのを聞いたが、全員が外に出て事件を目撃することを恐れていたと語った. 彼らは朝まで待って、子牛が水に浮かんでいるのを発見しました。

最初の検査によると、オスの子牛は生後約 6 ~ 7 か月で、他のゾウに誤って踏みつけられ、最終的には溺死したと予想されていました。 死体は次の段階で、カオアンルーナイ野生動物保護区で検死のために運ばれます。

写真提供:77kaoded

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

次のタイ旅行にCovid-19保険が必要ですか? ここをクリック。

フォローをお願いします Facebook

アラートを破るためにLINEに参加してください!

2020 年 2022 月から XNUMX 年 XNUMX 月までパタヤ ニュースのナショナル ニュース ライター。 彼女の米国での教育経験とジャーナリズムへの情熱は、社会、政治、教育、文化、芸術に対する彼女の真の関心を形成してきました。