パタヤの床屋が豚の衣装で豚肉の売り手になり、笑顔と売り上げを引き出します

パタヤ—

シャキッとした豚肉をXNUMX番目の仕事で売っているパタヤの床屋は、中国の演劇「西への旅」の有名なキャラクター「Tupoih-kài」の面白い豚の衣装で顧客の顔に笑顔をもたらしました。

パタヤニュースの記者は、クリスピーポークを販売しながら豚の衣装を着ていることでタイのソーシャルメディアで町の話題になった後、44月26日火曜日にXNUMX歳のセクシットチンパリ氏にインタビューする機会を得ました。

「私のベンダーのスローガンは、「おいしいソースが保証された香港のクリスピーポークです。そうでない場合は、私を蹴ることができます」とSeksitは冗談めかしてパタヤニュースに語った。 彼のベンダーショップは、バンラムンのソイネルンプルブワンにあるサワンボリボンウィッタヤスクールの前にあります。 彼の営業時間は月曜日から金曜日の午後3時30分から午後6時までですが、セクシット氏は、常にXNUMX時間以内に売り切れたため、顧客は急ぐ必要があると述べました。

COVID-19の影響を受けたセクシットは、収入が落ち込んだため、家族を養うために理髪店からカリカリの豚肉売りに転職する必要がありました。 「私は適応する必要があったので、私が知っている町でこの最高のシェフからおいしいクリスピーポークを調理する方法を学びました」とSaksitは述べました。

本質的におかしな男であり、月曜日から金曜日までこの学校に息子を迎えに来なければならないという事実から、サクシットは電球がちょうど頭を越えたと言い、彼は自分自身を作るためにここで豚の衣装で売ることに決めましたより認識しやすくなります。 "できます。 たまにたった10時間でXNUMXキロの豚肉が売り切れてしまいました。 多くの人が私と一緒に写真を撮るのが好きです。」

念のため、Saksitのベンダーは、バンラムンのSoi NoenPlubWanにあるSawangBoriboonWittayaSchoolの前にあります。 月曜日から金曜日の午後3時30分から午後6時まで、彼を訪ねて、彼の面白いブタの衣装で自分撮りをすることができます。 彼はとても親切で勤勉な人で、常にすべての国籍の顧客を歓迎しています。

-=-=-=-=-=-=-=-=-===-=-=-= – = – = – = – ==-

一般的なニュースのヒント、プレスリリース、質問、コメントなどがありますか? SEOの提案には関心がありません。 にメールしてください パタヤnewseditor@gmail.com

パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。