泥棒はラーン島のタイ人観光客から65,000バーツ相当の金のバッグを盗んだとされています

写真:AnanKingsorn/トップニュース

ラーン島–

泥棒が昨日(65,000月14日)タイの観光客からXNUMXバーツ相当の金の入ったバッグを盗んだとされています。th).

被害者のナンタパックさんは地元の記者に次のように語った。「私は現在、夫とXNUMX人の子供と一緒に休暇中です。 ラーン島のホームステイに泊まりました。 偶然外に出たとき、ホームステイの入り口に貴重な金を入れたままバッグを置き忘れました。」

「午後10時に、夜の外出後にホームステイに戻りました。 それから、ホームステイの前にバッグを置いたのを思い出しました。 しかし、私の鞄は今は消えていました。 私の鞄の中には合計00バーツ相当の金のアイテムが入っていました。 私はすでにパタヤ市警察に報告書を提出しました。」 ナンタパックはマスコミに説明した。

進行中の調査の一環として法執行機関によって特定されなかったホームステイの所有者は、バッグを持っている上半身裸のタイ人のように見えるものを示すCCTV映像をチェックしました。 伝えられるところによると、この男性は、近くに住むラーン島の地元住民であるテイ氏(26歳)としてのみ特定された。

パタヤ市警察署長のキンラチャート・クンラチャイ大佐は、「私たちはすでに容疑者を特定しており、彼を捜している」と述べた。

しかし、記者会見の時点では、テイ氏は行方不明のままです。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のパタヤニュースのサポートにご協力ください!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にパタヤ、チョンブリ、プーケットのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。