NPOの代表者がバンコクの政府庁舎の前に集まり、組織活動草案に反対します

写真:Thaipost

バンコク–

タイの民間非営利団体の代表者が本日24月XNUMX日、政府庁舎の前に集まり、組織活動法で提案されている集会規制やその他の規制に反対しました。

Chana RukThinグループの主要な環境保護論者であるSomboonKhamhangは、月曜日から一晩抗議を行っていた国連からの抗議者を今朝、キャンペーン「8年:NCPOを停止する」の下で抗議するために政府庁舎に導きました。力の拡大」。

彼らは、政府の組織活動草案の検討の終了を求め、彼らの声明によれば、NGO / NPOの活動や、人々の意見、表現、権利と自由の行使を制限するための集会を一時停止するその他の規制を妨害している。

群衆を管理する警察のグループとXNUMX台の給水車も近くに配置され、平和と秩序を維持し、抗議者に平和的に集まるように求めました。 グループの代表は最終的に政府の家に到着し、そこで首相官邸のアヌシャー・ナカサイに会いました。

彼はグループの要請を受け、事件を調査し、検討のために内閣に提出することを約束した。 抗議者たちは、政府が結論を出すまで集会を続けると主張した。

วิษณุเผยนายกฯรับข้อข้อม็อบยันไม่ชุมนุมแต่แต่แจงสนับสนุนตปท

一方、ウィサヌ・クルアンガム副首相は、政府は集会とその目的を認めたと述べた。 当初、組織活動法は、外国の企業/支店から資金を受け取る可能性のある民間組織を最初に調査するために起草されました。 草案によると、そのような財団/協会は彼らの財政状態を報告する必要があります。

「ドラフトは、NGO/NPOにいた兄弟姉妹を混乱させる可能性があります。 しかし、この草案に、外国の干渉や支援を伴わず、いかなる形態の公の集会も棄権しなかった国内組織が含まれないかどうかを検討したい」と述べた。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

次のタイ旅行にCovid-19保険が必要ですか? ここをクリック。

フォローをお願いします Facebook

アラートを破るためにLINEに参加してください!

 

パタヤニュースの全国ニュースライター。 バンコクで生まれ育ったNopは、言葉や写真を通して故郷の物語を語ることを楽しんでいます。 彼女の米国での教育経験とジャーナリズムへの情熱は、社会、政治、教育、文化、芸術への彼女の真の関心を形作っています。