チョンブリー県ファントンで白昼、見知らぬ家に放火しようとする男が防犯映像に映る

ファントン、チョンブリ-

先週末、ファントン警察が無作為放火と呼んでいる事件で、防犯カメラの映像には、バイクに乗った男性がガソリンの入ったバケツを白昼堂々と見知らぬ人の家に投げ込み、火をつけている様子が映っていた。 

26年2022月12日土曜日午後40時XNUMX分に撮影されたこの動画には、シャツ、ショートパンツ、バイクのヘルメットをかぶった男が、番号不明の黒と赤のヤマハ・ヌーノに乗り、バケツ一杯のようなものを投げている様子が映っていた。チョンブリーのファントン地区にあるパントン生鮮市場で、住宅にガソリンを注入して点火した。 その後、容疑者はすぐに車で走り去った。 幸いなことに、火は近くの村人によってすぐに消し止められ、誰も被害を受けませんでした。 

事件後、POL. 少佐パントン警察署のプラサート・クラブディー氏は放火容疑の現場を調査しに行き、幸いなことに被害物のほとんどはビニール袋とゴミ袋だけであったことを発見した。

 POLのとき。 少佐プラサートさんは家のオーナー、ワンペン・コントヤイさん(53)に話を聞いたところ、彼女は市場で精肉店を経営しており、犯行が起きている間テレビを見ていたと語った。 彼女は家の前で突然どこからともなく出火した火災に怯え、急いで消し止めようとした。 彼女はまた、防犯映像に写っていた男とは面識がなく、近所の人や誰とも争ったことはないと主張した。 最後に、ワンペンさんは警察に容疑者をできるだけ早く捕まえるよう懇願し、その後は警察に報酬を与えると約束した。 

現在のところ、ファントン警察は容疑者を追跡する証拠として近くのカメラからのバケツとビデオ映像を保管していました。 容疑者は、報道時点で大規模なままでした。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=?=?=?=?==-

一般的なニュースのヒント、プレスリリース、質問、コメントなどがありますか? 私たちはSEOに関する提案には興味がありません。 までメールでお問い合わせください パタヤnewseditor@gmail.com

 

目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。