ムアン・アユタヤ地区は現在「ブルーゾーン」に指定されており、CCSAはレストランでのアルコールの販売と飲酒を午後9時まで許可している。

アユタヤ–

Muang Phra Nakhon Si Ayutthayaの地区は、コロナウイルス状況管理センター(CCSA)から、今年9月から午後00時までレストランでアルコールを販売および飲酒する許可を与えられました。

ウィーラチャイ・ナクマス知事は本日、AP通信に対し、CCSAがムアン地区を南米地域から除外することを承認したと語った。プラユット・チャンオチャ首相が署名した、トリクト管理区域またはレッドゾーン州およびブルーゾーン観光パイロット区域の区域を含む。

これにより、レストランでの酒類の販売や飲酒などの予防策が緩和されました。 観光客や地元のお客様は午後9時までサービスを楽しむことができました。

「地区での飲酒は午後9時まで許可されています。 ただし、感染状況を安定的に管理するためには、資格のあるすべてのレストランが引き続き規則やその他の予防措置を厳格に遵守する必要があります。 当局はまた、会場がうまく協力しているかどうかを監視するために時々展開しました」とWeerachaiは強調しました。

一方、パタヤの本拠地であるチョンブリは、 今日も新しいルールをリリースしましたが、パタヤでのアルコールの提供を許可しませんでした、 事業主、政治家、観光協会からの数週間にわたる罪状認否と抗議にもかかわらず、州の青い地区(サッタヒップと共に)。 禁止を維持する具体的な理由は示されていません。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=?=??=?=?==-

次のタイ旅行にCovid-19保険が必要ですか? ここをクリック。

フォローをお願いします Facebook

アラートを破るためにLINEに参加してください!

登録する
ノップミーチュクン
2020 年 2022 月から XNUMX 年 XNUMX 月までパタヤ ニュースのナショナル ニュース ライター。 彼女の米国での教育経験とジャーナリズムへの情熱は、社会、政治、教育、文化、芸術に対する彼女の真の関心を形成してきました。