フエヤイの駐在員、インフォーマルな居住地を維持する決定に失望を表明

フエヤイ

フアイヤイ市では、近隣の外国人居住者にとってはスラムとしか言いようのない住宅(インフォーマル・セツルメント)に許可を出しているという。

-=-=-=-=-=-=-==-=-=-
フアイヤイの住民は、外国人出稼ぎ労働者が住むココナッツ農地だった4ライの土地に、20以上のトタン建築物を許可するという決定に唖然としました。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
フアイヤイの外国人居住者によると、このトタン製の建物は今年の5月に無許可で建てられたもので、違法な開発であるという。住民からの苦情を受けて、この開発の主催者は、フアイヤイ市から許可を申請する機会を与えられたというが、彼らによれば、解体・撤去命令を出すのではなく、元駐在員の関係者が正しい行動を取るべきだったという。
-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=–
今週、許可証が発行されたというニュースは衝撃的で、近隣の住民が低品質の住宅や設備と考えているものに、自治体が許可を与えることができるのか、住民に不信感を抱かせました。さらに、近隣の住民は、この種のキャンプの多くで現在流行しているコヴィドのパンデミックを懸念していました。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
本人の希望で名前が伏せられているが、記事ではMと呼ぶことにした。
「タイの自治体がこのようなやり方を続けていては、タイの貧しいイメージを改善し、より豊かな外国からの投資を誘致することはできないでしょう。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
自治体は、この許可証は更新できず、1年間しか有効ではないと述べていますが、Mによれば、来年も許可証を申請できるとは述べていませんし、Mもそう述べています。
「1つの許可証が発行されたことで、自治体は今後の申請を拒むことができなくなり、それがこの場所であろうと、この地域の他の場所であろうと、したがって、私たちはフアイヤイが将来的にも、私たちがここに住むようになった時のような魅力的な場所ではなくなることを期待しています」。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–==
記者発表の時点では、このインフォーマルな居住区の主催者(特に名前は挙げられていない)、または自治体からのコメントや声明は得られていません。
-=-=-=-=–=-=-=-=-=-=
Mをはじめとする近隣の外国人コミュニティの住民たちは、今後もこの問題を自治体に訴え続けることを誓った。
-=-=-=-=-=-=-=-=–=
この記事は、TPNメディアの許可を得て掲載された読者投稿記事です。投稿に関わった組織・個人の発言、考え、意見はすべて個人のものであり、必ずしもTPNメディアとそのスタッフのものを代表するものではありません。
EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です