ブルーキャニオン・プーケット・ゴルフ選手権 水曜日のプレビュージャズは家に帰れて嬉しい

11月24日、タイのプーケット。 ジャズ・ジャネワッタナノンは、アジアンツアー・プーケットシリーズに参戦するために、約2年間、隔離されていた2回の短いピットインを除いて、ようやくタイに戻ってきました。

「タイに戻ってこれて本当に嬉しいです!」と、今週開催されるUS$1millionブルーキャニオン・プーケット選手権に出場しているブルーキャニオン・カントリークラブで語ったジャズ。

"久しぶりにここに戻ってきて、ちゃんとした時間を過ごしました。これは本当に良い変化でした。母国の地に戻り、言葉を話せることに感謝しています」。

ジャズは、DPワールドツアーのAVIVドバイ選手権で4位タイとなったドバイから飛んできて、2019年にメリットタイトルを獲得したことで、アジアツアーのオーダーオブメリットの王座を守ることに成功した最初の選手になることを期待しています。今週のイベントは、2020-21年のシーズンを締めくくる4つのトーナメントのうちの1つです。

「検疫は何度か受けましたが、パスポートの受け取りなどをしただけで、ここではあまり時間を過ごしませんでした。検疫を終えて、すぐに出発しました。基本的にはホテルに泊まってから帰りました。家にいたわけではありません」と、現在、功労勲章5位のジャズは付け加えた。
最後にタイに滞在したのは、昨年のドバイ・デザート・クラシックの前でした。

また、「長い道のりだった。疲れた2年間だった。この時間を利用して、一息ついてリフレッシュしたいと思います。タイに戻ってからは、家族と過ごしたり、食事をしたり、再び文化を楽しんだり、人々を楽しんだりしています」と語っています。

彼は、アジアツアーで10回の優勝経験を持つオーストラリアのスコット・ヘンド、マレーシアのナンバーワンであるギャビン・グリーンと初日と2日目に分けてプレーします。彼らは明日、現地時間の午前7時15分に10番ティーでティーオフを行います。

金曜日に26歳の誕生日を迎えるジャズは、アジアツアーで6回優勝しており、そのうち4回は2019年に優勝しています。

アジアンツアー・プーケットシリーズは、今週の「ブルーキャニオン・プーケット選手権」を皮切りに、来週の「ラグーナ・プーケット選手権」(12月2日~5日)まで開催されます。

終了しました。

アジアツアーについて

アジアツアーは、アジアにおけるプロゴルフの公式公認団体として、アジア全域のプロゴルフの発展をリードし、ゲームの健全性を維持しながらメンバーのキャリアを向上させています。アジアンツアーは、国際PGAツアー連盟の会員であることから、アジアで唯一認められた汎アジア的なプロゴルフツアーです。アジアンツアーは、公式ワールドゴルフランキングで正式に認められており、参加者が世界の舞台で評価されるために、イベントに貴重なランキングポイントを提供しています。また、R&Aの加盟団体でもあります。ツアーパートナーには、ロレックス(タイムキーパー)、ハビタット・フォー・ヒューマニティ(持続可能な開発パートナー)、タイトリスト(ウェブパートナー)、フットジョイ(ツアーサプライヤー)などがあります。アジアンツアーの本社は、アジアンゴルフの本拠地であるセントーサ島にあり、セントーサゴルフクラブはアジアンツアー・デスティネーションズのネットワークの一部となっています。また、アジアンツアーはマレーシアのクアラルンプールにもオフィスがあります。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です