プーケット保健所によると、島内で2つのコヴィド-19クラスターが発生しており、1つはパトン市のソイ・バングラを含む。

プーケット

プーケット公衆衛生局は、本日11月24日、プーケット地域において、パトンのソイ・バンラー施設のグループと現地の留学生の間で、2件のコヴィド-19の集団感染が発生したことを報告しました。

プーケットのVachira Phuket病院の副院長であるWithita Jangiam博士は、プーケットでCovid-19の感染者数が50件から80件に増加し始めたことを明らかにしました。そして、昨日11月23日の時点で、Covid-19の感染者数は105例と報告されています。

島内の105名の感染者のうち、大部分は主に2つのクラスターから発生していることが判明しました。1つは、学校での学習のために集まった学生グループの間で感染が続いているものです。これはプーケット島で学校が開校して以来、多くの地域で発生していることで、生徒のほとんどは家族から感染したと報告されています。

副所長は報道陣にこう述べた。「特に、学校を開放して集団で授業を受けたり遊んだりする出張授業の際に、より多くの生徒が感染したことが報告されています。現在、学校や省の教育当局などの関係機関が状況を監視し、生徒の感染を防止・抑制するための解決策や対策を共同で検討しています。私たちは、授業がないときは生徒同士が付き合わないように呼びかけていますが、これは簡単な対策ではありません。"

パトン市のソイ・バングラで、観光客や娯楽施設の従業員のグループの間で、新たにコヴィド-19のクラスターが報告されました。11月22日(月)の時点で、リスクのあるグループに属する人、観光客、娯楽施設の従業員のうち、合計391人がATKスクリーニングでCovid-19の検査を受けました。そのうち、24名が感染していることが判明しており、その割合は6.14%となっています。

Soi Banglaのビジネス会場では、Covid-19の感染が2件以上見つかった場合、Covid-19の大規模な洗浄のために少なくとも3日間は営業を停止することが以前から相互に合意されていました。その一方で、Covid-19の拡散を防ぐために、地方の予防措置を遵守することを誓っていた。これを受けて、ここ数日、利用者やスタッフに対するCovid-19の接種状況のチェックが厳しくなっていることが報告されている。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

次回のタイ旅行に向けて、Covid-19保険が必要ですか?ここをクリックしてください。

フォローしてください フェイスブック

LINEで速報をお届けします。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です