土曜日の夕方、コンケンのデパートで武装したゴールドショップの強盗を逮捕したという情報に対して50,000バーツの報奨金が発表されました。

コーンケーン

コンケン警察は、昨日11月20日夜、コンケンのデパートで武装して金品店を襲ったとされる男の逮捕につながる情報に対して、5万バーツの報奨金を出すと発表しました。

土曜日の午後7時20分頃、ムアンコンケン地区のセントラルプラザデパートの2階にある金券ショップに、「Why So Serious」と書かれた白いTシャツとジーンズを着て、黒いフードで顔を隠した武装した男が近づいてくる様子が防犯カメラに映っていました。

銃を持った男は、銃口を上に向けてから一発撃ったと報道されており、それまで販売に夢中で容疑者に気づかなかった客や従業員は、パニックになってすぐに逃げ出しました。その後、男はカウンターを飛び越え、棚から金の宝石類を奪った後、逃走経路を確保するためにもう一発撃って逃走しました。この強盗事件では、誰も怪我をしませんでした。

街の柱の方向に向かう別のCCTVから写っていた。デパートはまもなく、警察の捜査のもと、通常の状況に戻ったとの声明を発表した。

コンケン州警察の司令官であるノパカオ・ソマナート警察少将は、本日11月21日、記者団に対し、地元の市場で容疑者が捕まり、取り調べを受けたことを明らかにした。しかし、容疑者を泥棒と断定するには十分な証拠がなく、DNAサンプルを採取したものの、この男性は釈放されました。

そのため、容疑者を特定する情報や手がかりを関係者に提供した人には5万バーツの報奨金が支払われることになっており、捜査が続けられています。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

次回のタイ旅行に向けて、Covid-19保険が必要ですか?ここをクリックしてください。

フォローしてください フェイスブック

LINEで速報をお届けします。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です