19歳の男性と友人が、パタヤ地区で10代の若者たちに理由もなく襲われたと主張

バングラムン

11月18日(木)、19歳の男性が、ティーンエイジャーのグループに追いかけられ、木の棒で襲われたと供述し、さらに銃で発砲した疑いがあり、頭に傷を負いました。 

午後11時30分、ノンプルーのSoi Nern Plubwanの鉄道道路上で起きた事件について、ノンプルー警察に通報がありました。

パトロール警察とパタヤニュースが現場に到着すると、セキサン・ドゥエンカオさん(19歳)が頭に怪我をして医療と警察の助けを待っていました。

セキサンはノンプルー警察に、「友人と私はバイク3台を鉄道道路の脇に停めて、ぶらぶらとおしゃべりをしていました。突然、セダンに乗った10代のグループが車を停めて、理由もなく車から銃で私たちに発砲してきました。幸運なことに、銃撃は外れました。"

「友人たちはバイクで逃げたが、私は徒歩で逃げ、他の10代の男性数人が車から飛び出して追いかけてきた。彼らは私を追いかけ、木の棒で殴ってきました。私はなんとか逃げ出しました。私たちは何も悪いことをしていないのに、このような10代のグループを見たことがありません。SeksanはNongprue警察にこう言いました。

ノングプー警察は、一連の流れを解明し、容疑者候補を追跡するために、疑惑の現場付近のCCTV映像をチェックしている。セクサン氏の発言について、警察官はすぐには報道陣に感想を述べませんでした。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください [email protected]

 

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です