タイのスタートアップ企業3社が、日本の政府機関であるJICAの認定を受け、地域の革新的なビジネスをグローバルに支援することになりました。

日本/タイ

  開発途上国の経済・社会の成長を支援する政府機関である国際協力機構(JICA)は、持続可能な開発目標(SDGs)の一環として、タイをはじめとするアジア地域のローカルスタートアップと国内の経済成長を支援するプロジェクト「JICA NINJA Accelerator」を立ち上げました。

このプログラムには、タイのスタートアップ企業4社が選ばれ、ビジネスの専門家の指導を受けながらビジネスプランを作成し、日本のビジネス市場にアクセスする機会である「Demo Day」や、海外の投資家と出会うためのイベントである「Roadshow」(2022年1月)に向けて準備を進めます。

スタートアップのハイライトは

劣化に500~800年かかる従来の生理用ナプキンとは異なり、「アイラ・コンセプト」では、オーガニックで生分解性の生理用ナプキンとライナーを提供しています。この製品を使えば、環境を守りながら自然な製品を選ぶことができます。ヴァランティップ "ルング" 創業者のサッチャティッパバーンは、自分にも環境にも安全な生理用ナプキンの使用を標準化するために「アイラコンセプト」を考案しました。

"Eden Agritech "は、タイの農産物を海外に輸出する際に、野菜や果物の寿命を延ばすことができる食用コーティングを提供しています。この技術は、タイの農家の生産量を増やすだけでなく、品質基準の低さによる不合格品や廃棄物の発生を防ぐことができます。これは、エデン・アグリテックの生みの親であるNorapat Phaonimmongkol氏と彼のチームの目標でもある。

"Socialgiver "は、旅を楽しみながら世界やタイに貢献し、変えていこうとする若い世代のために、アーチ・ウォンチンダウェスが設立したオンラインプラットフォームです。このプラットフォームを通じて購入された商品は、すべて社会的な寄付金に変換されます。"Socialgiver "は、利益のうち70%を社会に寄付し、30%を "Socialgiver "の運営費に充てる用意のあるホテル、レストラン、サービスなどの地元企業と提携しています。消費者は休日を楽しみながら、社会的分配の一端に参加し、社会的不平等を解消することができます。

JICAが主催する「JICA NINJAアクセラレータプロジェクト」は、タイのビジネスを支援するだけでなく、タイの発展や社会支援にも貢献しています。したがって、このプロジェクトは、タイのスタートアップ企業が効率的かつ持続的にビジネスを成長させるための素晴らしい機会を提供しています。

詳細はこちらをご覧ください。 JICAタイ

このプレスリリースは、PR資料に記載されている団体とTPNメディアが全面的に許可・承認して発表したものです。プレスリリースに記載されている団体の声明、考え、意見は、すべてその団体自身のものであり、TPNメディアとそのスタッフの意見を必ずしも代表するものではありません。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です