カンボジア人男性、パタヤの湾で貝殻を探していて溺れる

パタヤ

昨日、パタヤ湾で貝殻を探していたカンボジア人男性が、酸素不足のため死亡が確認された。

昨日の午後(11月17日)、パタヤ市警に通報がありました。ばんざい)をパタヤ湾に隣接するナクルアの魚市場で購入しました。

この記事の動画版は以下でご覧いただけますので、ご希望の方はどうぞ。

警察とパタヤニュースはナクルアのフィッシュマーケット・オーガナイゼーションに到着し、シュラン・ロン氏(41歳)の遺体は救助隊によって湾からボートに移された。

Petkumarn Chaichanee氏(37歳)がパタヤ警察に語ったところによると、「Sureang氏と私は、携帯用の空気タンクを備えた非常に小さな漁船で貝殻を探すために海に出ました。貝を探している最中にボートのエンジンが止まり、Sureangさんの酸素タンクも故障してしまったのです。なぜ、このような不運が同時に起こったのか、よくわかりません。"

「私はSureangを手動で救出しようとしましたが、失敗しました。彼は水深7メートルの海の中で溺れてしまいました。私は彼を救出するために海に入ったが、遅すぎた」。とペトクマーンは締めくくった。

パタヤ市警察のスポークスマンは、被害者について完全な検死を行う予定であり、事件を調査中であると述べた。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。 または、以下にメールを入力してください。

ニュースレター

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です