バーやナイトライフ業界の著名なオーナーやオペレーターの複数のグループが、CCSAと政府に閉鎖決定の撤回を求める圧力をさらに強めました。

バンコク

ここ数日、タイ政府に対する圧力が高まっています。エンターテインメント、ホスピタリティ、バー、ナイトライフ、アルコール産業、ホテル、レストランなどの事業者やオーナーが、CCSA(Center for Covid-19 Situation Administration)に対して、ホリデーシーズンが終わるまで事業を停止するという決定を撤回または変更するよう圧力をかけているのです。

まず、11月17日午後、歌手やエンターテイメント会場の代表者たちが国会議事堂に到着し、12月1日から先週の1月16日に延期された会場再開の政府命令の再考を要求しました。

TPNメディアによると、以前の12月1日は「検討」に過ぎなかったとのことですが、それにしても、この延期により、今年は9ヶ月間、昨年は4ヶ月間、ほとんど資金援助を受けられずに休業していたのに、1年で最も忙しい月に休業することになり、ナイトライフやエンターテイメント業界の多くの人々が怒っています。

国会議事堂前には、ナイトライフ・ビジネスの代表者やフリーランスの歌手など約10名が集まり、2年前からコヴィド19の流行を防ぐために政府から営業停止の命令を受けているタイ政府の代表者に要望書を提出しました。

これは先週、プラユット・チャンオチャ首相が議長を務めるCCSAの総会で発表されたもので、パブやバー、カラオケラウンジなどの娯楽施設の営業再開は、コヴィド-19感染のハイリスクグループが見つかる危険性のある集会や活動が含まれるため、12月1日から当初1月16日に延期されることになっています。

エンターテインメント企業家グループとストリート・アーティストグループのリーダーであるEkkarat Udomamnuay氏は、記者団に対し、この突然の延期は、2年ほど前から不安定な賃金や生活環境に悩まされてきた企業家やアーティストが仕事をして生計を立てようとする希望や計画を打ち砕くものだと語った。

"私たちは、政府がこの命令を修正し、起業家やナイトライフの労働者グループに明確に伝えることをお願いしたいと思います。 娯楽施設の再開はいつ頃になるのでしょうか。 最終的には、1年で最も忙しく重要な月を逃すことになるため、政府はどのような財政的支援策や救済策があるのかを明らかにすべきです」と大統領は述べています。

また、政府に対して以下のような5つの要求を行いました。

  1. 承認された飲食店でアルコール飲料を販売する際の午後9時までの時間制限を撤回すること。
  2. 以前に計画され、首相から通知された通りに、国やビジネスを徐々に再開すること
  3. 国会議員に対して、エンターテインメント・ビジネスと失業中のアーティストを早急に支援するよう政府に圧力をかけるよう求めること
  4. あらゆる形態や規模の施設を一律に閉鎖するのではなく、他の事業者と同様に予防的措置を講じて娯楽施設の再開を認めるよう、政府に圧力をかけること。
  5. どの方向にもすべての主張ができない場合、衆議院と関連委員会は、影響を受けたアーティストに代わって裁判所に法的な訴訟を起こすことが求められています。

นายอนันต์ สุวรรณปาน ผู้บริหารโรงเหล้าแสงจันทร์ นายคฑาวุธ ทองไทย ( ไข่ มาลีฮวนน่า ) ประธานสมาพันธ์เครือข่ายคนบันเทิงอาชีพแห่งประเทศไทย และนายกสมาคมศิลป์หอไตร พร้อมตัวแทนกลุ่มผู้ประกอบการผับ บาร์ และคาราโอเกะ ยื่นหนังสือถึงพล.อ.ประยุทธ์ จันทร์โอชา นายกรัฐมนตรีและรมว.ลาโหม

一方、Saeng Chan BreweryのAnan Suwanpan会長が率いるパブ、バー、カラオケ業者の代表グループは、国家安全保障会議(NSC)のSupot Malaniyom事務総長と政府庁舎で会い、娯楽施設の開設に関するガイドラインを提案する同様の書簡をPrayut Chan-O'Cha将軍に直接提出しました。このグループは、再開を推進しているアルコール業界の主要プレーヤーを代表しています。Supot将軍は、TPNメディアによると、首相や公衆衛生省などに提案するすべての規制や規則を扱うCenter for Covid-19 Situation Administration委員会の責任者である。

話し合いの後、会長のアナン・スワンパンは報道陣に対し、双方がお互いに理解していると述べました。また、CCSAが発表した政府のガイドラインや施策に従う意思があることを表明しました。しかし、政府に対しては、従来の予定通り12月1日に娯楽施設の再開を認めるか、できるだけ早く再開することを主張しました。

阿南はこう言った。"結局のところ、私たちは 私たちは、SHA+レストランのように、CCSAの規制に合わせてビジネスモデルを調整する準備ができています。 such as proper airflow, crowd control, social distance, add more brightness to the venues, etc. to make it easier under safety standards and potentially reduce the risk of being a high-risk business. We are willing to make the venues more like restaurants in terms of crowd control, visibility, and seating if this would please the CCSA.”

「そのためには、リスクを軽減するために会場に手を加える前に、SHAの基準を適用する必要があります。現在、エンターテインメント業界では、SHAやSHA+に登録することすらできませんが、バンコクで現在使用されているThai Stop Covid-19 Plusには登録できます」。アナンはこう締めくくった。

CCSAは、今回の提案を真摯に受け止め、「近い将来」に議論する予定だと報じられていますが、次回の主要な会議は11月26日頃まで設定されています。

最後に、昨日も取り上げましたが プンニパ・フラワーズ女史とリサ・ハミルトン女史が率いるグループは、パタヤの400以上のバーやナイトライフ・オペレーターを代表して、地元のレストランでのアルコール禁止を解除し、彼らの店の営業を許可するよう、州の市長と知事に嘆願書と要望書を提出しました。 バンコク、サムイ島、プーケットの会場と同様に「免除」となっています。パタヤ市長のSonthaya Khunplume氏によると、嘆願書や要望書はCCSAやSupot将軍を含む関連委員会にも転送されており、開場を全面的に支持しているが、CCSAの承認が必要であるとのことです。市長はまた、アルコール禁止を解除し、地元のリーダーや請願書を提出・支持した人々を支援するために、自分や知事、その他のチョンブリの関係者がCCSAとの会合や議論を続けていくと述べました。

さらに、チョンブリの主要な8つの観光・ホスピタリティ団体も、週末にCCSAに対して、外国人観光客を抑止することで、この地域の観光全体に悪影響を及ぼし、あらゆる業界に打撃を与えているとして、禁止措置を解除するよう正式に要請しました。TPNメディアでは、この数日間で数百件のコメントが寄せられるなど、読者からの関心が高いことから、引き続きこの記事と今後の展開を注視していきます。TPNメディアがソーシャルメディア上で行った非公式かつ非科学的な2つの投票では、約80%の読者がパタヤでのアルコール解禁を支持しました。

写真提供:マチチョンマチチョン

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

次回のタイ旅行に向けて、Covid-19保険が必要ですか?ここをクリックしてください。

フォローしてください フェイスブック

LINEで速報をお届けします。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です