タイの憲法裁判所が異性婚の第1448条を合法と判断、LGBTQ権利団体は "失望"

バンコク

憲法裁判所は本日11月17日、「婚姻は男女間でのみ成立する」と定めたタイ民商法第1448条を、タイ憲法に基づき合憲とする判決を下しました。

今回の判決は、多くのタイのLGBTQ活動家グループが、基本的人権と称してタイでの同性婚を合法的に認めるために続けてきた活動にとって、大きな後退となる可能性があります。複数の人権団体、LGBTQグループ、活動家が今日の午後、ソーシャルメディアでこの判決に対する失望感を表明しました。

しかし、この判決では、国会、閣僚会議、関連機関が、LGBTQの人々の権利と義務を確保するための法律を引き続き制定すべきであるとも述べられていることは注目に値します。仮に、国会や関連政府機関が新しい法律を制定しようと思えばできるが、適切な提案、投票などのプロセスを経る必要があるということだ。

Image

Image

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

次回のタイ旅行に向けて、Covid-19保険が必要ですか?ここをクリックしてください。

フォローしてください フェイスブック

LINEで速報をお届けします。