タイ政府報道官、首相は12月にエンターテイメントやバーが合法的に営業できると "約束 "していないと述べ、閉鎖セクターへの支援は "これから "と語る。

タイ・クラビ

  本日、クラビで開催された特別閣議を受けて。 ここをクリックすると詳細をご覧いただけます。と、タイ政府のスポークスマンが11月16日夜、公然とコメントしました。 先週のCovidセンターの決定により、少なくとも1月中旬までは閉鎖されることになったため、バー、ナイトライフ、エンターテインメント、パブなどの分野からの不満や怒りの声が高まっています。

首相官邸の副報道官であるRatchada Thanadirek氏は、今夜、タイの関連報道機関とのインタビューに応じ、プラユット・チャンオチャ首相が12月1日までに娯楽施設やナイトライフ施設をオープンすると「約束」したが、その約束を破ったとする一部のメディアの報道について、いくつかの質問に答えました。

ラチャダさんによると、首相は12月1日までに開店できるようにするとは約束しておらず、開店を「検討する」とだけ言っていたそうです。TPNメディアは、このことが発表された首相の演説の原文を見て、Ratchada女史の発言に同意した。

ラチャダ氏は、CCSA(Center for Covid-19 Situation Administration)が、経済的損失が大きいにもかかわらず、休暇明けにこれらの会場をオープンする方が安全であると判断したと述べました。ラチャダ氏は、1月という日付は約束ではなく、あくまでも検討事項であるとも述べています。

しかし、ラチャダ氏は、伝統的に1年で最も忙しい月に開店が遅れ続けていることに対して、首相はナイトタイムエコノミーを含むすべてのセクターに支援を与えるよう指示したとも述べています。

ラチャダさんは、2020年初頭からバーやナイトライフのオーナーが要望していたサポートの内容や時期については詳しく説明せず、「関連機関で検討している」とだけ述べました。

TPNメディアによると、法的にはこの分野は閉鎖されているものの、バンコクやクラビなど、レストランでのアルコール販売が再び許可された地域では、多くのバーやエンターテイメント施設が、地元当局の承認を得て一時的に「レストラン」として再開されているようです。 パタヤは、今日のように解禁を求める動きが活発化しているにもかかわらず、ドライゾーンのままだ。

 

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です