タイの1週間を振り返る。バンコクは洪水に見舞われ、米国はModernaワクチンを寄付する、など

ここでは、トップを見てみましょう。 ナショナル 先週、11月8日から14日までの間に、パタヤニュース/TPNナショナルチームが選んだ記事とその解説をご紹介します。重要度は特にありませんが、公開日順に掲載しています。

PHOTO.タンセッタキージ

1.タイの再開後7日間で、22,000人以上の外国人旅行者の中から20人のコヴィド-19感染者が発見されたとCCSAが発表。

ワクチンを接種した特定の国からの外国人旅行者に対するタイの再開後に発見された感染者数は、総旅行者数に比べてまだかなり少ない状況です。CCSAによると、11月7日現在、到着時にRT-PCR検査で陽性と判定された旅行者は22,832人中20人で、感染率は0.09%となっています。また、1位はドイツ、2位はアメリカ、3位はイギリス、4位は日本、5位は韓国となっています。

タイ再開後の7日間でコヴィド-19感染者が発見された外国人旅行者は、22,000人以上の中でわずか20人だったとCCSAが発表。

2.チャオプラヤ川の海水面上昇により、グレーターバンコクの住民は依然として洪水に直面している。

首都圏のいくつかの地域では、週明けからチャオプラヤ川の海水面が2.30メートルに達したため、住民は驚くほどの洪水と水位の上昇に遭遇しました。堤防の近くにある5つの地域では、適切な防護策がないまま、上昇し続ける水が氾濫し、通行人や地域住民の生活に影響を与えています。バンコク市内の7つの地区の約11のコミュニティが浸水したと報告されています。

チャオプラヤ川の海水面上昇により、グレーターバンコクの住民は依然として洪水に直面しています。

3.米国政府がタイ政府に100万回分のModerna Covid-19ワクチンを寄贈する予定であることをタイ外務省が明らかにした。

米国政府がいつ、何のためにmRNAワクチンをタイ政府に提供するのか、当局は明らかにしていませんが、外務省は先週、入手可能な期間について関係部署に通知し、協議しました。アヌティン公衆衛生相によると、ワクチンは、渡航先の国の要件に基づいて海外渡航が必要な人に割り当てられるという。ワクチンは今月中にタイに届けられる予定です。

米国政府がModerna Covid-19ワクチン100万本をタイ政府に寄贈する予定であることをタイ外務省が明らかにした。

4.タイの憲法裁判所が民主化運動の指導者3名に対し、彼らの行動がタイの最高機関の転覆につながる可能性があるとの判決を下す。

アーノン・ナムパ、パヌサヤ・"ルング"・シチジラワッタナクル、パヌポン・"マイク"・ジャドノックの3人の著名な民主化運動指導者は、先週、憲法裁判所から、君主を元首とする民主主義制度を覆そうとする行為であり、憲法第49条第1項に違反するとの判決を受けました。罰則はないものの、この判決により、指導者たちや反対派の政治集会に対して厳しい処分が下される可能性があり、民主主義支持者たちの怒りを買っていた。そのため、水曜日の判決を受けて、憲法裁判所のホームページがハッキングされ、サイト名が「カンガルー・コート」に変更され、日曜日には抗議者たちが大集合しました。3人のデモリーダーは現在、保釈金なしで刑務所に収監されている。 昨日、Rung氏が逮捕されたことで.ハッカーは もキャッチしました。 タイの警察によると

タイの憲法裁判所が民主化運動指導者3名に対し、「タイの最高機関の転覆につながる恐れがある」との判決を下しました。

と、今週はここまでです。いつもながらパタヤニュース/TPNニュースを読んでいただきありがとうございます

Psst.... もっと見たいですか? TikTokはこちらからご覧いただけます。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です