タイとパタヤのニュースで昨年の今週を振り返る。ジョムティエン・ビーチでデモ参加者が外国人を襲撃、犬の鳴き声を気にして男が夫婦を殺害、などなど。

タイ

以下は、昨年の同時期のパタヤとタイのニュースを見た週刊誌の特集記事です。

毎週、昨年の同時期のニュースを振り返る特集です。また、6ヶ月や3ヶ月など、異なる時間軸での設定も可能です。)では、状況の変化を確認し、ストーリーの進行をフォローし、パタヤやタイで約束が破られたり、約束通りに行われなかったりした可能性があるものを見ています。

週に何十もの記事を掲載している私たちにとって、これは編集チームが選んだ1年前の最も大きな記事を、今日の私たちにどのような影響を与えているか、時事ニュースとどのように関連しているかを見ていただくための簡単な方法です。重要度の高い順ではありませんが、ほぼ掲載順になっています。

今週は、2020年11月8日(日)から11月14日(土)までの2020年11月第2週を取り上げます。

始めましょう。

1. パタヤの民主化運動家がジョムティエン・ビーチでの抗議活動で、家族の前で外国人に頭突きを食らわせる

この事件は全国的に報道され、ソーシャルメディア上で人々が意見を交わす大きな火種となりました。首相もこの事件についてコメントしています(下記参照)。

その時の様子はこちらでご覧いただけます。

パタヤの民主化運動家が集会でロシア人外国人の娘と妻に頭突きを食らわせる - VIDEO

タイ首相、パタヤでの抗議者・外国人事件にコメント:タイの良いイメージを損なう

2. 吠える犬に腹を立てた男が夫妻を射殺

昨年のこの週にも、多くの議論を呼んだ事件がありました。

チョンブリで犬の鳴き声に腹を立てた男が夫妻を射殺したとされる - VIDEO

3.パタヤ当局は、ラーン島の海を侵食しているとされる58の建造物やリゾートに目をつけた。

1年経った今も、この議論は続いています。

パタヤ当局は、ラーン島の海を侵食しているとされる58の建造物やリゾートに目を光らせている。

4. タイ副首相、フェイクニュースの一掃を誓う

1年後にどうなっているかは想像に難くありません。

タイ副首相、フェイクニュース一掃を誓う

5. 僧侶が寺で91歳の老人を殺害 "間違った目で見ていた "との理由で

抗議者と犬の話と一緒にまとめられたこの最後の話も多くのコメントが寄せられ、控えめに言っても物議を醸した昨年の一週間でした。こちらでご確認ください。

チョンブリの寺院で91歳の長老を殺害した僧侶を逮捕、被害者は自分を "間違った目で見ていた "と主張

今週の振り返りは以上です。お気をつけて、また来週お会いしましょう

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です