IQAir社によると、タイの多くの地域でPM2.5の排出量が不健康なレベルに達している。

ナショナル

本日10月21日午前6時頃のリアルタイム記録によると、全国の多くの地域でPM2.5粉塵の排出量が基準値を超え、長期的な健康障害を引き起こす可能性のある不健康なレベルに達しています。

空気清浄機「IQAir」のウェブサイト は、今朝、PM2.5の濃度がかなり高い、タイの最も汚染された都市ランキングをリアルタイムで報告しました。トップ10のエリアは

  1. チェンマイ県のチェンダオ地区で216米のAQI
  2. ノンタブリー県のBang Bua Thong地区で171US$のAQIを達成
  3. チョンブリ県のBang Lamung地区で159USドルのAQI
  4. Samut Prakan県Phra Samut Chedi地区では、US AQIが157となりました。
  5. ナコンパトム県サンプラン地区 156 US AQI
  6. パタヤ地区(チョンブリ県)で155US$のAQI
  7. ノンタブリー県バンヤイ地区で153US$のAQIを記録
  8. Mueng Nakhon Pathom地区、Nakhon Pathom県、152 US AQI
  9. サムットソンクラーム県、Mueng Samut Songkhram地区、152 US AQI
  10. バンコクのサイマイ地区で150US$のAQIを記録

しかし、Pollution Control Department (PCD)の報告によると、ほぼ同時期に、全国のエリアの大気の質の状況は、良好から中程度の質となっています。

この2日間、パタヤの住民からは、靄や空気の質に関する苦情が多く寄せられています。今日の午後からの雨で、この問題の一部が解決されるでしょう。

チョンブリ当局は、現地での問題の原因を明言しなかった。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)