タイ気象局の発表によると、タイは10月末までに冬の季節に入る。

ナショナル

本日10月19日、タイ気象局の発表によると、タイは10月末までに正式に冬に入る見込みです。

今年のタイの冬の到来は、平年より1〜2週間ほど遅い10月末頃になると同局は予測しています。

しかし、今週の2~3日は寒気団がタイ北部を覆うでしょう。このため、タイ北部では雨量が減少しますが、南部に集中するため、午前中の1~2日間は気温が低くなるか、寒くなるでしょう。

タイの海洋生物学者であるThon Thamrongnawasawat博士は、今年のタイの冬の状況について、「寒さや冷たさが来たり来なかったりするかもしれない」という気象分析をSNSに投稿しました。

彼の状況はこうだ。"多くの国際的なアナリストは、「ラニーニャ現象」が強くなっており、アメリカの太平洋は例年よりも寒く、タイは暑くて雨が多いということで一致しています。"

"これから雨は南部で降る可能性が高くなります。タイ北部は干ばつに見舞われる可能性がありますが、ラニーニャ現象の影響で雨が降ることが予想されます。しかし、今年のタイは全体的に寒くないでしょう。人々は寒さを求めて北部から北東部に集まってくると思いますので、地元の企業家とそのビジネスに少しは役立つはずです。"

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です